レトロフリークの基礎知識(仮)

永遠の(仮)。むしろPOLYMEGAの基礎知識(仮)。何があっても自己責任で。
※当ブログ・記事へのリンクは歓迎しますが、引用元標記のない文章のみの転載・盗用は固くお断りします。

レトロフリークでファミコン版ファミリーボクシングを正しく表示させる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/04/26 注:Ver.1.6で正式対応されました。以下の内容はそれ以前のバージョンについて記載しています。

ども、おばきいです。

レトロフリークで、ファミコンのファミリーボクシングを起動すると、背景が表示されなかったり、画面が化けてしまうのですが、その対処法です。

familyboxing

1.ファミリーボクシングを起動(画面が正しく表示されない)
2.ゲームメニューを呼び出し、「BACK TO MAIN MENU」を選択。
3.「SYSTEM」を選択、リージョン設定を変更(アメリカorヨーロッパ)
4.「ゲームを始める」を選択。(画面は乱れたまま)
5.再度ゲームメニュー呼び出し、「BACK TO MAIN MENU」を選択。
6.「SYSTEM」を選択、リージョン設定を変更(日本)
7.「ゲームを始める」を選択。(強制的に再起動がかかる)
8.「ゲームを始める」を選択。

これで正しい画面で遊べます。
うまくいかなかったら、8の後に、ゲームメニュー内のリセットで正しく動くと思います。

以下、この手順の動画です。

レトロフリークでファミコン版ツインビーの認識率を飛躍的に高める方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

注:V1.5からはおそらく問題なくロードできるようになった模様。

ども、おばきいです。

レトロフリークに1000本以上インストールしてきて、一番認識しにくかったのが、ファミコンのツインビーです。
人によって、認識したり、認識しなかったり、結構悩んでる方もおられるかと思います。

ツインビーを認識したり、しなかったりする現象は、ツインビーのROMのバージョン違いの問題では無いです。
これ、正常なROMでもUnknownになります。

直接的は原因はわかりませんが、カートリッジアダプターに何かしらの不具合があるのかもしれない気がしてます。とある手順を行うことで、以下のように、意図的に認識させることが可能です。
TwinBeeTitles

うまく認識しないという方は、騙されたと思って以下の方法を試してみてください。とりあえず2パターンほど。
問題は出ないかと思いますが、自己責任でどうぞ。

<方法1>
1.ツインビーを挿したまま電源を入れる。

<方法2>
1.レトロフリークの電源を入れてから、ツインビーをセットする。
2.[FC]UnknownGame_91E236D5で警告メッセージが出る。違う名前ならカートリッジの清掃を。
3.電源は入れたまま、本体部分とカートリッジアダプタを分離してから、再度結合。
4.これでうまくいかなったら、そのまま、本体の電源をOFF、再度電源ON。
5.それでもうまくいかなったら、microSDカードを抜いて、本体の電源をOFF、再度電源ON。

うちでは、方法2の3ステップ目で確実にできます。
その時の手順動画です。



まあ、正しく認識しても、4,5面は画面やキャラクターがばけばけばあなんですけどね。
TwinBeeBuggy

レトロフリークの効果音を変更する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ども、おばきいです。

レトロフリークにインストールをしていると、特定のソフトで大当たりが出て、効果音が追加される事があります。
この効果音、大当たりと表示された時はちょっと嬉しいです。

が、特に、ヤギ、猫などの動物シリーズに変えてしまうと、うるさくてたまりません。結局すぐサウンドをOFFにしたり、ファイル削除したり・・。

で、この大当たりファイルはMP3形式で保存されているので、自分で変更することができます。
今回は、こんな感じでナムコのゲームの効果音に統一してみました。

・レトロフリークの効果音変更(NAMCO Edition)


効果音の変更方法ですが、大当たり後、レトロフリークで使用しているmicroSDの中をPCで見ると、「\RetroFreak\SFX\」のフォルダに、効果音のMP3がファイルが入っています。(最高5種類)

MP3ファイル名と効果音のなるタイミングは以下のとおり。
 cancel.mp3・・・戻る操作をした場合。
 click.mp3・・・評価変更時や設定変更時に、左右を押した場合。
 cursor.mp3・・・カーソルを移動させた場合。
 decide.mp3・・・決定する操作をした場合。
 load.mp3・・・ゲーム読み込み時、microSDからゲームを選択した場合

\RetroFreak\SFX\ のフォルダ(無ければ作成)に、上記5種類の名前を付けたMP3ファイルを入れることで、好きな音を鳴らすことができます。(SFXフォルダ内のファイルを削除すれば、初期状態に戻ります。)

ちなみに今回は、このように設定しました。
 cancel.mp3・・・ワンダーモモ
 click.mp3・・・ディグダグ
 cursor.mp3・・・ゼビウス
 decide.mp3・・・ギャラクシアン
 load.mp3・・・ボスコニアン

自分の好きな音でまとめると、ちょっとだけ、レトロフリークに愛着が湧きますよ。

カートリッジアダプタ編(2):USBポートは何故二つあるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ども、おばきいです。

レトロフリーク本体と、カートリッジアダプターは、2つのUSBポートで接続されています。
retrofreakAmazon接続部斜め

ここで一つの疑問が出てきます。

本体とカートリッジアダプタ-を接続するのに、なぜUSBポートが2つ必要なのか?

一般的なUSB機器で、2ポートを使うものというのは、あまり聞きません。
今回はこの2つのUSBポートの役割について調べてみました。

結論として、
本体
  2つのUSBポートはどちらも同じ機能。


・カートリッジアダプター
  USBポート・ゲームボーイスロットのある側が、前面USBハブ用
  PCエンジンスロット側が、カートリッジアダプター&LED用
でした。

試しに、本体のどちらかのUSBポートにUSBハブを付けて、そこからカートリッジアダプターの2つに接続しても、問題無く動作します。

また、カートリッジアダプターのUSBポート・GBスロットのある側だけ接続すると、USBのみ使える、
PCエンジン側のUSBポートだけ繋ぐと、カートリッジの読み込みだけできて、USBポートは使えない。
というような、状況になります。

で、この特性を利用して、いろいろと便利な使い方ができるようになったり、レトロフリークのバグ(?)を利用したとある裏技(?)が使えるようになったりします。この辺はまたいずれ。
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ゲーム福袋

・POLYMEGA対応機種(CD)
ネオジオCDPSPCエンジンCDROM2アーケードカード用

・POLYMEGA対応機種(ROM)
NESSNESスーパーファミコンメガドライブスーパー32XジェネシスPCエンジンHuカードPCエンジンスーパーグラフィックス
注目商品(Amazon)



















楽天市場
Amazonライブリンク
最新コメント