POLYMEGAの基礎知識(仮)

元レトロフリークの基礎知識(仮)。何があっても自己責任で。

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

POLYMEGA:プレオーダーの内容、価格、送料など。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレオーダーの内容について紹介。送料も追記しました。
---お知らせ-----------------------------
過去のPOLYMEGA関連記事はこちら。
POLYMEGAを知らない人はPOLYMEGA(ポリメガ)の基礎知識(仮)の記事を参照。
(広告:POLYMEGA特化機種の価格の安い順)
駿河屋リンク:セガサターンNEWメガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
Amazonリンク:セガサターンNEWメガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
----------------------------------------
プレオーダーで受け付けている商品についてまとめてみました。

事前に伝えられたバンドル品2種類はデラックス版とアルティメット版の2つ。

<バンドル品(2種類)>
・Polymega™ Bundle – Deluxe
1
※写真のストIIは含まれません。
$459.99 (通常は$519.99)
全部入り。コントローラーが計5個。 送料125ドル。計584.99ドル。
Polymega™ Base Unit Set with Wireless Controller
EM01 NES Element Module Set
EM02 SNES SFC Element Module Set
EM03 MD GEN 32X Element Module Set
EM04 PCE SGX TG16 Element Module Set

・Polymega™ Bundle – Ultimate
$599.99(通常は$659.99)
全部入り。コントローラーが計10個。送料200ドル。計799.99ドル。
Polymega™ Base Unit Set with Wireless Controller
 Additional Polymega™ Wireless Controller (1)

EM01 NES Element Module Set
 Additional RC01 NES FC Retro Controller (1)

EM02 SNES SFC Element Module Set
 Additional RC02 SNES SFC Retro Controller (1)

EM03 MD GEN 32X Element Module Set
 Additional RC03 MD GEN 32X 6-Button Retro Controller (1)

EM04 PCE SGX TG16 Element Module Set
 Additional RC04 PCE SGX TG16 6-Button Retro Controller (1)

<ベースユニット単品>
・Polymega™ Base Unit Set with Wireless Controller
$249.99(通常は$279.99)
ワイヤレスコントローラーを1つ含む。送料70ドル。計319.99ドル。
CDゲームが遊べる。対応機種は以下のとおり。
PS1 (NA) / PS1 (E) / PS1 (JP)
Sega Saturn (NA) / Sega Saturn (E) / Sega Saturn (JP)
Sega CD (NA) / Mega CD (E) / Mega CD (JP)
Neo Geo CD (NA) / Neo Geo CD (JP)
TurboGrafx CD (NA) / PC-Engine CD (JP)

<エレメントモジュールセット単品>
各$59.99、単品の送料60ドル。
それぞれのモジュールには以下のものが含まれる。付属ゲームの詳細は不明。
 Element Module
 Retro Controller
 Polymega™〇〇 Classic Games Vault (5 Games)
 Experience Guide

モジュールの種類は4種類。
EM01 NES Element Module Set
EM02 SNES SFC Element Module Set
EM03 MD GEN 32X Element Module Set
EM04 PCE SGX TG16 Element Module Set

<無線コントローラー単品>
$39.99、単品の送料60ドル。
Polymega™ Base Unit Wireless Controller

<有線コントローラー単品>
各$24.99、単品の送料60ドル。
RC01 NES FC Retro Controller
RC02 SNES SFC Retro Controller
RC03 MD GEN 32X 6-Button Retro Controller
RC04 PCE SGX TG16 6-Button Retro Controller

<その他の組み合わせでの送料>
ベースユニット単品($249.99)+エレメントモジュール1セット($59.99)、送料125ドル。計434.98ドル。
ベースユニット単品
($249.99)+エレメントモジュール2セット($59.99x2)、送料125ドル。計494.97ドル。


リリース日は全て2019年4月1日となりました。ちと残念。
とはいえ、日本への発送も対応されたので、結果的には入手時期は早まる感じです。

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

POLYMEGA:ニンテンドーライフ記事の訳と感想

このエントリーをはてなブックマークに追加

E3以降、POLYMEGAのハードや計画にかなりの変更があったようです。
---お知らせ-----------------------------
過去のPOLYMEGA関連記事はこちら。
POLYMEGAを知らない人はPOLYMEGA(ポリメガ)の基礎知識(仮)の記事を参照。
(広告:POLYMEGA特化機種の価格の安い順)
駿河屋リンク:セガサターンNEWメガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
Amazonリンク:セガサターンNEWメガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
----------------------------------------
POLYMEGA公式が、注文の前にNintendoLifeの以下の記事をお読みくださいという以下の記事の翻訳です。(例によって機械翻訳ベースですが、かなりの変更がありました)
Polymega's Grand Vision For The Ultimate Retro System Includes A Virtual Console Successor

最後に変更点と感想を。

---------------------------------------------
PlaymajiのBryan Bernalは、Polymegaの世界で起きていることについて、プレイヤーやパブリッシャーからフィードバックを得てE3の直後に行った決定を含め、最新情報を提供してくれました。


まず、コンソールのCPUがARM上の4コアRockchip RK3288 1.8Ghzからx86上のより高速なデュアルコアIntel CM8068403377713(G5500T @ 3.2Ghz)にアップグレードされ、Playmajiはより多くのリソースを消費するシステムをサポートできるようになり、サターンとN64のように。サターンはコンソールの謎のCD-ROMシステムとして少し前に発表され、サターンエミュレータの作者とのライセンス契約のおかげで可能になった。


「ハイブリッドエミュレーション」システムの変更も行われました。 FPGAはコンソール自体から、選択されたモジュールに移動され、より大きなCPUとより多くのシステムの追加に対応します。リワードレベルに達したら、最初のFPGAモジュールはFamicomになります。ベースユニットはDay1以降のFPGAモジュールと互換性があり、ハードウェアのアップグレードは不要です。 SNESのローンチモジュールはFPGAベースではありませんが、それ以降のリビジョンにはこの機能が含まれます。一方、TurboGrafx / PCE、NES、またはMega Drive / Genesisモジュールは当面はFPGAモジュールを使用する計画はありませんが、サードパーティは、Polymegaのローンチ後にFPGAベースのモジュールをスペシャルライセンス契約のもとに作成できることが確認されています。


遅いクアッドコアから高速デュアルコアに切り替えるため、Twitch機能はもはや起動パッケージの一部になりません。プレオーダーキャンペーンが完了し、すべてのリワードレベルがロックダウンされた後に、それが復活する可能性があります。


興味深いことに、ローンチモジュールには、オンボードのフラッシュメモリにインストールされた正式にライセンスされた5つのゲームが含まれます。 Polymegaのデジタルストアは2019年第4四半期に開始され、ゲームを購入してコンソールに直接ダウンロードできるようになる。価格はカートリッジゲームでは3.99ドル、CD-ROMゲームでは5.99ドルで始まる。これは、「新しい」仮想コンソールチャレンジャーを効果的に作成するので、プロジェクト全体の中で最もエキサイティングな側面になる可能性があります。この店舗をいくつの企業がサポートしているかは興味深いでしょう。


プレオーダーサイトでは、50万ドルの最低資金調達目標に達した後に活動化される20レベルの報酬を提供するリワードシステムが利用可能になります。これらの報酬には、新しいCDシステム、モジュール、新しいシステムの機能が含まれます。


これに加えて、コンソール上のフラッシュカートリッジ、Game Genies、マルチカートリッジの使用に関する声明が発行されました:


Playmajiのチームは、Hybrid Emulationの実験的なサブセットであるActive Cartridge Readingというテクノロジーに多大な努力を費やしています。ソフトウェアベースのエミュレーションとメモリマップされたハードウェアのライブブレンドを使用して、リアルなクラシックコンソールで動作するゲームや周辺機器を使用することができます。このテクノロジは存在していますが、Polymegaのサポートされているシステムの一部ではまだ高速ではありません。途中で起動すると全体的なエクスペリエンスが低下します。


現在、Everdrives、Starfox、Game Geniesなどのデバイスのライブ読み込みなど、オンボードのDSPチップを搭載したゲームカートリッジのサポートが統合されています。


まず、これらのタイプのカートリッジを搭載したシステム向けの標準DSP対応エミュレータのライセンスを取得しました。これにより、ソフトウェアエミュレーションで特別なチップを搭載したゲームをプレイできます。つまり、カートリッジを挿入しているかどうかに関係なく、StarFoxなどのバックアップされたゲームをプレイできるようになりました。これは、ほとんどのゲーマーが喜ばれる便利な機能です。また、初期の資金調達目標を超えてコンソールをサポートするためのリワードレベルとして、ソフトウェアベースのGame GenieとPro Action Replayを追加しました。スーパーゲームボーイはEM02 SNES SFCモジュールとの互換性はなくなりましたが、GB / GBC / GBAモジュールを追加リワードとして設定しました。


第二に、特定のシステムはFPGAベースのものになるでしょう。この最初の例は、システムのローンチ後にリリースされる専用のFamicomモジュールになります。 Famicomは、Famicom Disk System(FDS)のようなアクセサリーを含んでいたため、この方法で実装することが特に重要です。FDSは、ライブラリの重要な部分であり、専用のモジュールを作成しません。 FPGAモジュールをサポートする技術は、Polymega™ベースユニットのローンチバージョンに組み込まれています。そして、われわれは将来他のFPGAモジュールをリリースする可能性があります。 FPGAモジュールは、標準モジュールよりもわずかに高い価格帯になります。

この決定/変更により、私たちのチームは、最近発表されたSega Saturnのサポートにより、Polymega™に1000以上の新しい互換ゲームが追加されたことでも実証されているように、全体的なシステムの互換性の観点から実際に針を押しつける問題に集中することができました。

これを可能にしたのは、より大きいサイズのFPGAをベースユニットから取り外すことで、メインCPU用を遅いクアッドコアチップではなく、より高速なクロックスピードのデュアルコアチップを選択できるようになりました。 それは、サターン、N64、ドリームキャストなど、より要求の厳しいシステムへの扉を開きました。それは多くの人々が望んでいると私たちに表明したものです。


マルチカートリッジはゲームベースでゲームでテストされ、互換性リストはPolymega™の発売前にすべてのシステムで生成されますが、現時点で正式にライセンスされたゲームとの互換性のみを確認することができます。

最後に、The Video Game History foundation とのパートナーシップが確立され、すべてのPolymegaハードウェアの収益の一部が、エミュレーション開発とビデオゲームの保存に向けて財団から提供される助成金になることが明らかになりました。


予約注文は249.99ドルで、システムは2019年4月に発売される予定です。

---------------------------------------------

今回新たに判明した点、変更点をまとめてみます。
・サターンのエミュレーションはサターンのエミュレータの作者とのライセンス契約で実現した。
・CPU変更:より高速なIntel PentiumGOLD 5500Tに変更。
・FPGAの変更:ベースモジュールからFPGAを削除、さらにローンチ時点のSNESモジュールにも使われない。
・標準DSP対応エミュレータのライセンスを取得し、スターフォックスなどはその技術を使用する。
・Twitchの機能はローンチに含まれない。対応するとしてもリワード全達成後なので実質対応はしなさそう。
・Polymegaのデジタルストアは2019年第4四半期に開始。カートリッジゲームは3.99ドル、CD-ROMゲームは5.99ドル。
・ローンチ時点のSNESモジュールでスーパーゲームボーイは動かない。代わりにリワードでGB / GBC / GBAモジュールとして発売予定。
・2019年前半に発売を予定していたFAMICOMモジュールはリワード達成で発売。
・FAMICOMモジュールはFPGAベース。ディスクシステムも動作させることができる。

コメント。
売りの1つであったハイブリッドエミュレーション関連ですが、かなりパワーダウンした印象です。スターフォックスなどは100%ソフトウェアエミュレーションになるということでしょうか。真価を発揮するのはFAMICOMモジュールかな。
また、動画配信のTwitchについても当面の実装はなさそうです。
ベースモジュールからもFPGAを外し、その代わりCPUを高速化することで、将来のDreamcast、N64を見据えた性能を持つということのようです。大半のことは影響がなさそうですが、特殊チップを使ったソフトの互換性はどの程度かというところが1つのポイントになりそうです。
あと、いろいろな予定が全てリワードになりました。プレオーダー開始時点でPC-FX、FAMICOM、ATARI、DVD再生、ゲームのプレイ統計、スキンなどのリワードがありましたが、全部で20個に増えたようです。何でもリワードになってしまって、どの程度達成できるのかや実施時期などが全く見通せない感じになったのは残念です。
ショップも価格設定はなかなかいいと思うけどまだ先の話。

ただ、ここへ来て不安材料が出てきたとはいえ、大量のゲームをインストールしてもサクサク動くUIを持ち、各種CDゲーム(PS1/PCE/NEOGEO/サターン/メガCD)が遊べる互換機を買わない理由になるほどではないな、というのが率直な感想です。

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

(9/6更新)祝!POLYMEGA、2019年日本での発売決定!

このエントリーをはてなブックマークに追加

(9/6追記)
その後状況が変わりました。プレオーダーで日本も予約可能、リリースは2019/4/1、FCモジュールの発売方法はREWARD方式となりました。
リンク元を表示しない文章のみの転載のせいで古い情報が独り歩きしている現状ですが対処のしようがありませんわ・・。危惧していた通りです。

以下の情報は古いです。現状と違います。

---お知らせ-----------------------------
過去のPOLYMEGA関連記事はこちら。
POLYMEGAを知らない人はPOLYMEGA(ポリメガ)の基礎知識(仮)の記事を参照。
(広告:POLYMEGA特化機種の価格の安い順)
駿河屋リンク:セガサターンNEWメガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
Amazonリンク:セガサターンNEWメガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
----------------------------------------
過去のPOLYMEGA関連記事はこちら。

ついにPOLYMEGAの日本発売がほぼ確定!
twitterでのやりとりをご覧ください。




連日のブログ更新をtwitterのモーメントでまとめたら、公式からいいねが付く。

いいねに驚く。

日本での発売を待ってるよと伝えたらPOLYMEGA関連記事公式さん、日本での発売を教えてくれた!

POLYMEGA、FCモジュール(2019年前半)と同時に日本でリリース(ほぼ)確定!

ローンチではないものの想定の範囲内でしたね。

ブログやっててよかった!

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

POLYMEGA:ローンチトレーラー公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事の順番が前後してしましましたが、プレオーダー開始に向けてローンチトレーラーが公開されました。
---お知らせ-----------------------------
過去のPOLYMEGA関連記事はこちら。
POLYMEGAを知らない人はPOLYMEGA(ポリメガ)の基礎知識(仮)の記事を参照。
(広告:POLYMEGA特化機種の価格の安い順)
駿河屋リンク:セガサターンNEWメガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
Amazonリンク:セガサターンNEWメガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
----------------------------------------



2

4
2

5

・エレメントモジュールセットにはモジュール、コントローラー、5本のプレロードされたゲームが含まれる。
→コントローラーとソフト5本付いて59.99ドルだったらただみたいなもん。

・ローンチ予定はearly2019
→年内発送予定から若干ずれこんだ?

・価格は249ドルから
→0.99ドル値下げ?

・セガサターンに対応決定
→初のセガサターン互換機。

もうね、買わない理由がないよね。
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

POLYMEGA:【速報】セガサターン対応決定!!!!!!!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

まじか。
---お知らせ-----------------------------
過去のPOLYMEGA関連記事はこちら。
POLYMEGAを知らない人はPOLYMEGA(ポリメガ)の基礎知識(仮)の記事を参照。
(広告:POLYMEGA特化機種の価格の安い順)
駿河屋リンク:セガサターンNEWメガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
Amazonリンク:セガサターンNEWメガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
----------------------------------------


POLYMEGA、セガサターン対応決定!!!!!!!
1
2

サターンとドリキャスはローンチ後って言ってたじゃん・・。
嬉しすぎる誤算。

自ら上げたハードルをはるかに超えてくる姿勢、さすがですわ。

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ゲーム福袋

・POLYMEGA対応機種(CD)
セガサターンNEWネオジオCDPSPCエンジンCDROM2アーケードカード用

・POLYMEGA対応機種(ROM)
NESSNESスーパーファミコンメガドライブスーパー32XジェネシスPCエンジンHuカードPCエンジンスーパーグラフィックス
注目商品(Amazon)


















楽天市場
Amazonライブリンク