POLYMEGAの基礎知識(仮)

※期間限定ブログ名変更中。 永遠の(仮)。むしろPOLYMEGAの基礎知識(仮)。何があっても自己責任で。
※当ブログ・記事へのリンクは歓迎しますが引用元(URLや記事名等)の記載をお願いします。記事のスクリーンショットのみや文章のみの転載・盗用は固くお断りします。

2018年03月

レトロフリークv2.6:スパルタンXで学ぶコードフリーク新機能

レトロフリークv2.6で唯一目に見えるかたちでの更新内容、コードフリークのON/OFFについてです。


コードフリークは、簡単に言えばパラメータなどをいじったりして、ゲーム攻略を楽にする機能ですが、ゲームバランスを完全崩壊させる諸刃の剣でもあります。
私はもっぱら昔挫折したゲームの攻略などをメインに使っています。

レトロフリークでのコードフリーク機能の使い方については、公式サポートページにて一度確認を。
http://www.cybergadget.co.jp/support/retrofreak/codefreak/

さて、今回v2.6の更新内容で、コードフリークに関する更新は以下のとおり。

ショートカット「コードフリーク」を追加しました。設定したボタン(標準コントローラーのデフォルト設定は[OPTION+B])を押すことで、ゲーム中に「ゲームメニュー」を表示せずにコードフリーク機能のON/OFFを切り替えられます。

コードフリーク機能を使う人にとっても今ひとつメリットが分かりにくいかもしれません。
特定のコードのとき、特に役立つ機能となっています。

使い方の例として、ファミコンのスパルタンXを使って説明します。

まず、秘技コードを選択。体力無限と無敵コードを実行してゲームを進めます。

1
余談ですが、この画面で表示されているコードは、以前紹介したツールを使ってRetroN5のチートコードと結合したものです。興味がある方は以下の記事を参照してください。
(2/28更新)レトロフリークとRetroN5のチートコードを完全結合するツール「CheatCodeMerger(V3.10)」公開!

ゲームの流れとしては、主人公トーマスがフロアのボスを倒し、
1

階段を上り次のフロアに移動します。
1

このとき、体力に応じてボーナス点が入るのですが、ここで問題となるのが体力の減らない秘技コード。
体力が減らないため、無限にボーナス点が入ってしまい、次の面に進めません。
1

レトロフリークv2.5以前だと、いったん秘技コードの選択画面に戻り、一度体力無限のコードをOFFにしてからゲームに戻る必要がありました。

ここで、今回のレトロフリークv2.6で更新されたOPTION+Bの出番となります。
OPTION+Bを押すと、全てのコードの機能がOFFになります。
1

ボーナス点の追加が終わったら再度OPTION+B。
最初に使っていたコードを再度適用できます。
1

今回のアップデートでゲームの途中でいったんOFFにしないと進めないようなコードを使う際は、かなり便利な機能です。

さて、スパルタンXといえば、あまりに有名なファミコンロッキーのこのシーン。
https://vw.mangaz.com/virgo/view/47191/i:472
 (漫画図書館Z、ファミコンロッキーはこちら)

スパルタンXの24周目で恋人のシルビアが襲い掛かってくる!
1

・・・かどうかは、レトロフリークコードフリーク機能を使えば、君の目で確かめることができるぞ!

スパルタンX
スパルタンX
posted with amazlet at 18.03.30
任天堂
売り上げランキング: 3,621

KUNG FU
KUNG FU
posted with amazlet at 18.03.30
アイレム

レトロフリークv2.6:microSDの読み込み時間比較編


レトロフリークバージョンアップから遅れること3日、ようやくバージョンアップを実施しました。
1
今回はアプリケーションのみでカートリッジアダプターやコントローラーアダプターの更新はありませんでした。
バージョンアップ後、microSDの読み込み中にバージョン情報を表示させようとしたら、レトロフリークが異常終了。その後勝手に再起動して、起動時のタイトル画面で固まってしまった。
電源ボタン長押しの再起動で無事起動したのですが、ちょっと焦った・・。

microSD読み込み中は操作を控えましょう。

というより、microSDの読み込みが早ければこんなことが起こらないのにね。

というわけで、まずは一番気になる起動時間について検証してみました。
既に前置きで変わってなさそうな雰囲気がしなくもないですが、実際どうだったのか・・?

使用したmicroSDは約1300本超えの普段使いもの。
レトロフリークの電源を入れてタイトルの後のロード中が表示されてからの時間を計測してみました。
比較対象は、前バージョンのv2.5、今回のv2.6、そして旧バージョンのv1.4です。

結果。
前バージョン(v2.5):1分31秒
今回のバージョン(v2.6):1分32秒
旧バージョン(v1.4):30秒

結局、前バージョンから起動速度は変わっていませんでした。誤差レベルですね。
そして、v1.4から3倍の起動時間というのも同じです。

いつか改善されることを願うばかりです。

レトロフリークv2.6:取扱説明書編

レトロフリークのバージョンアップと共に取扱説明書もバージョン2.6に変更されました。
最新の取扱説明書は総合サポートページ内、取扱説明書よりダウンロードできます。
リンクはこちら。バージョン2.6(2018/03/27) 

過去バージョンのダウンロードはできませんが、v2.5版との違いについて見てみます。

P28
v2.5では、
※現在バージョンのレトロフリークでは、ディスクシステムの動作およびインストールには非対応です

とあったのが、Ver2.6では上記文言が削除されています。

変更点はこれ1点のみ。ディスクシステムに正式対応ということかな。
 (関連記事)レトロフリーク:ディスクシステムの吸い出しに必要な機材と注意点まとめ

今回のバージョンアップでコードフリーク機能の操作(OPTION+B)が追加になっていますが、そちらの更新はありませんでした。
忘れないために、コントローラー操作関連記事を更新しました。
 (関連記事)(v2.6対応)レトロフリーク標準コントローラー特殊操作のまとめ

あと、P34の「押しすと」がバージョン2.0の頃から直ってないんだけど・・・。早急に直してほしいところ。
いや、これで合ってるのか?

↓これ。
1

本体バージョンアップ関連の検証は現バージョンでも確認しておきたいところがいろいろあるので、少し余裕ができたらになりそうです・・。



(v2.6対応)レトロフリーク標準コントローラー特殊操作のまとめ

2018/3/29更新 v2.6対応。OPTION+Bを追加。
--------------------------------

先日発表されたレトロフリーク用アーケードスティック。
標準コントローラーと比べ、ボタンの数がかなり増えています。

【発売日未定】 レトロフリーク用 アーケードスティック
サイバーガジェット (2018-03-31)
売り上げランキング: 1,002

ボタンマッピングはこんな感じ。
2
標準コントローラーに比べ、L2、R2が増えたり、上の方には、左からSELECT、START、QUICK SAVE、QUICK LOAD、CODE FREAK、OVER CLOCK、OPTION、HOMEとなっています。

ちなみにレトロフリーク標準コントローラーはこんな感じ。
1


レトロフリーク用アーケードスティックにあるこれらの特殊ボタンは、標準コントローラーからは以下の操作で行えます。
併せて特殊操作についてもまとめてみます。
全て本体バージョンが2.6の場合です。過去バージョンでは対応していない機能もあります。

<ゲーム中>
HOME・・ゲームメニューを表示
HOME+R・・メインメニューに戻る(v1.6より)
OPTION+X・・オーバークロック・ダウンクロック(事前に設定しておいたスピードになる)
OPTION+Y・・スクリーンショット撮影
OPTION+L・・クイックロード
OPTION+R・・クイックセーブ
OPTION+B・・コードフリーク機能(v2.6より)
OPTION+SELECT・・ファミコンのマイク入力
OPTION+START・・ファミコンディスクシステムのディスク切替

いくつかの項目については、操作設定/ショートカット設定から行えます。
ファミコン選択時のみ、マイク入力とディスク サイド切替の設定も行えます。

<メニュー、ゲームリスト表示中>
Y+↑・・ 1ページ上に移動
Y+↓・・ 1ページ下に移動
OPTION+HOME・・操作画面のスクリーンショット撮影

<ゲームリスト表示中>

SELECT・・ソートメニュー表示・・リスト表示(大・中・小)、ソート(発売日・メーカー・あいうえお順・レート順)等
LまたはR・・リスト表示(大・中・小)の切替
OPTION・・選択中のゲームの削除、セーブデータの確認・削除

<特定ゲームの選択後>
画像を選択した状態でAまたはX・・画像のロック・ロック解除
レートを選択し、AまたはX・・左右でレート変更。

<その他>
強制終了・・本体の電源ボタンを10秒以上長押し

こう見ると、レトロフリーク用アーケードスティックのCODE FREAKボタンに相当する機能だけが今はないことになります。
バージョンアップで設定できるようになるのかな・・?
メニュー・ゲームリスト画面のスクリーンショット撮影のような、隠しショートカットがあったりして・・。

あとジョイスティックでクイックセーブやロード、オーバークロック等を設定して使ったことがありますが、ゲーム中に目が離せなかったりで、意外と使いづらいんですよね。
この辺は慣れかもしれませんが、使い勝手はどうでしょうね。

レトロフリーク バージョンアップ履歴(本体関連&秘技コード)

※この記事は、レトロフリークの各種アプリケーション、コード類のバージョンアップ時に更新しています。


2018/03/27 本体バージョン2.6更新。
2018/03/27 取扱説明書更新。
2018/03/23 最後の本体バージョンアップから丸一年経過。
2018/02/24 最後の秘技コード更新から丸一年経過を記念(?)して拙作レトロフリークとRetroN5のチートコードを完全結合するツール「CheatCodeMerger(V3.10)公開!
2017/03/23 本体バージョン2.5更新。
2017/02/24 秘技コード更新。
2016/10/31 コードエディター新規公開。

2018/03/27(v2.6)時点のバージョンは以下の通り。
1

2017/03/23(v2.5)時点のバージョンは以下の通り。
1


詳細は続きから。


続きを読む
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ゲーム福袋

・POLYMEGA対応機種(CD)
ネオジオCDPSPCエンジンCDROM2アーケードカード用

・POLYMEGA対応機種(ROM)
NESSNESスーパーファミコンメガドライブスーパー32XジェネシスPCエンジンHuカードPCエンジンスーパーグラフィックス
注目商品(Amazon)
















楽天市場
Amazonライブリンク
最新コメント