約2カ月ぶりにレトロフリークのバージョンアップがありました。

retrofreak15

今回のアップグレードは通常のアップグレードと違い、レトロフリーク本体からのリクエストファイルが不要になっています。
バージョン情報等はこちらの記事「レトロフリーク バージョンアップ履歴(本体関連&秘技コード)」に。

通常のアップデートと異なり、リクエストファイルが不要でダウンロードできるようになっています。

今回は、更新・再起動後、見慣れない画面が出て、更にシステムソフトウェアの更新があります
カートリッジアダプターや、コントローラーアダプターの更新はありませんでした。

更新内容で目をひくところは、メニューにゲームギア、SG-1000、マークIII用のカテゴリとRATINGという項目が増えました。
メガアダプターを使ってインストールしたソフトは、こちらに表示されるようになりました。
GG/SG/MKIII用に、コントローラー設定やショートカット機能の設定も改めて設定する必要があります。
retrofreak15_menu

隣のRATINGは、レーティング付けをしたものの一覧が表示されます。
この機能を使っていないので、勝手に評価の付いた、バルーンファイトとか、名前がピンボールで始まるゲームとかが表示されます。

肝心のメニュー関連の操作性ですが、標準コントローラー使用時のみ、Yボタンを押したまま↑でページアップ
Yボタンを押したまま↓でページダウンという操作が加わりました。
私は標準コントローラーは使ってないので、そのメリットはないのですが・・・。
まあ、一応カーソルの位置が記憶されるのでその点は良くなったけど、Bボタンで戻れないとかまだまだ改善してほしいところ。リストの一番上で上のキーを押したら一番下を表示もできないままだし。

互換性については若干向上。吸出しのできなかった水戸黄門やオセロも動くようになりました!
Tenka no Goikenban - Mito Koumon (Japan)Othello (Japan)

また、吸出しに難のあったツインビーについては、(おそらく)100%認識するようになりました!

ミシシッピー殺人事件も画面がちらついたりしますが(実機未確認)、起動するように!
Mississippi Satsujin Jiken (Japan)

あと、リージョン変更による強制リセットが起きなくなってます。
試してないけど、ファミリーボクシングとかファミリーテニスのあれが使えないかも。


で、せっかくのバージョンアップなのに、肝心のギアコンバーターは、Amazonによると、2月13日→5月31日に変更になってしまった模様。
サイバーガジェットのページでは2016年春となってます。(私が購入したショップからも2016年春の連絡が来てました。)

昨年はかなり長い春でしたが、サイバーガジェットの今年の春は5月にちゃんと訪れるのかどうか・・・。
まあ、気長に待ちましょう。