レトロフリークに100本インストールすると出てくるメッセージより。
1
この部分って、他の言語はどうなってるのか気になったので試してみました。


やり方は以前の記事(1本のソフトでレトロフリークの隠しメッセージを見る方法)の方法でやります。

レトロフリークのSYSTEMメニューの言語選択から、日本語、英語、中国語のそれぞれの言語でメッセージを表示させてみます。

で、日本語だとこのメッセージ。
1
プレイ時間を「1時間まで」と勝手に定めた名人

これが英語版だと、
1
A console that had difficulty reading a cartridge
カートリッジを読み込みづらいゲーム機

という感じに変更されています。


ちなみに中国語モードだとこんな感じ。
1
英語版と同じかな?(適当)


というわけで、ちゃんとそれぞれの言語用にカスタマイズされていました。


ちなみにリセットボタンを踏む猫のところは、
1
どの言語でも、猫がゲーム機の上に乗っかってる感じが伝わってきます。
猫のリセット事件は世界共通の話題なのでしょうかね。


あと、後半に出てくる写真のを改めて見て気づいたこと。
(一部拡大)
1
台灣史略?とかいう本があります。台湾で撮影された写真なのかな?


余談。

そういえば、以前、高橋名人のレトロフリークが1日で壊れたという話題、知っている人多いかもしれませんが、その後の顛末はあまり話題になってないと思うので、一応紹介しておきますね。

より
レトロフリークを手に入れてみた
・ 朝の記事で書いたレトロフリークですが…
今日は、コロコロアニキの発売日

これらの記事に顛末が書いてあります。壊れたのは本体ではなくアダプタだそうで、PSPのアダプターを使用してみたら、ちゃんと動いたとのこと。

私の場合は、初回起動時に付属のアダプタで電源が入らなかったので、PSP用のアダプタをメインで使用しています。(その後は問題なく付属のアダプタも使えています)

PSP 専用ACアダプター (PSP-100) (PSP-3000シリーズ対応)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2004-12-12)
売り上げランキング: 1,971


さらに余談。

今回のプレイ時間を「1時間まで」と勝手に定めた名人の元ネタ、高橋名人の「ゲームは1日1時間」発言については、高橋名人のブログの以下の記事で書かれています。
1985年全国キャラバンの思い出 その3
1985年 キャラバンの思い出 その4

「ゲームは1日1時間」について本来の意図とか顛末が高橋名人の言葉で綴られています。
ぜひ、一読を!