レトロフリークVer2.0になってから、機能としては非常に良い感じでアップデートされているのですが、どうもインストール時にかなり時間がかかるようになった気がします。
ギアコンバーターを使って、SDカード(1200本以上インストール済み)に1本インストールして、次のソフトをインストールできるまでのロード時間が異様に長くなった気がしました。

1
この表示がされている間はゲームの起動も出来ない状態です。
まあ、以前からこの時間は長かったですけど、今までは辛うじて我慢できてたような…。

結局、今回は別のmicroSDを用意して、そちらにインストールしてからバックアップした訳ですが。
で、この起動時のSDカードの認識と、ソフトを追加した場合の再認識の時間について調べてみます。
--------------------------------------------------------
<事前準備>
レトロフリークのうたい文句として、9000本以上に対応しているとのことなので、用意するソフトは10000本分で。

インストール済みのゲームのうち、比較的サイズの小さかったファミコンソフト「ボンバーマン」(約25KB)を10000ファイル分microSDにコピーします。

このmicroSDを使って、起動時、および1本インストール時について時間を計測してみます。
時間はロード中の表示がされてから、下の画像のようにゲーム数が認識されるまでの時間で。
1

結果は・・・。

<Ver2.0で10000本の場合>
電源投入から認識するまで・・・約16分。
1本インストールして再認識するまで・・・約11分。


<Ver1.4で10000本の場合>
電源投入から認識するまで・・・約8分。
1本インストールして再認識するまで・・・約4分。


Ver2.0ではV1.4の約2倍時間がかかりました。
やはり気のせいではなくて、かなり遅くなっていますね。
今回は極端に小さいファイルで試しましたが、通常はさらに時間がかかるものと思われます。

起動時はともかく、インストール後の復帰は早くなってほしいところですね。
まあインストール済みのゲームタイトルの検索ができるだけでいいんだけど。
シリーズもののゲームの検索とかできないし。お気に入り機能を使て1個ずつ登録しか方法ないかな?

PS4 Proみたいに、処理速度の速いRetroFreak Proとかでもいいかも。

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2016-11-10)
売り上げランキング: 170

そういやPS4 Proと同日に発売されるニンテンドークラシックミニなんてのが出ますね。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
任天堂 (2016-11-10)
売り上げランキング: 1
30ゲーム内蔵。ラインナップは上々。バーチャルコンソール考えたら安いと思う。
だけど、ハドソンものとかドラクエ関係が入ってないのがちと寂しい感じも。
で、ファミコンカセットは挿せないのが残念すぎる。

レトロフリークでニンテンドークラシックと同等のSDカード作れば、機能的にみても、あえて買う必要がなさそうなんだけど、オブジェとしては秀逸だなぁという感想。

(以上、後半はブログ更新モチベーションアップ用広告でした。)