こちらの記事でやっているRetroN5のチートDBとレトロフリークの結合。
RetroN5のチートDBとレトロフリーク秘技コードファイルを1分で結合する方法(2017/1/2改訂)

現在は競合したときは、左側(レトロフリーク優先)となっており、右の理想形(レトロフリーク+RetroN 5)の実現に向けて、試行錯誤しております。
cheat04risou

完成はもうちょっと先の予定ですが、今回はメモなどと、RetroN5版ギアコンバーター一年半ぶりの続報を。



<レトロフリークの秘技コード>
秘技コードのフォーマット種類(赤文字はRetroN5にない形式)
・FC:Raw
・SFC:Raw
・GB:GameShark
・GBA:AR12
・MD:Game Genie、Raw
・MK3:Action Replay/GameShark
・PCE:Raw

<RetroN5のチートコード>
チートコードのフォーマット種類(赤文字はレトロフリークにない形式)
・NES:Raw
・SNES:Raw
・GB:GameShark、Game Genie
・GBA:AR12、AR34、CB
・GENESIS:Game Genie
・SMS:Action Replay/GameShark

・重複するコードが登録されていたりする。

・改行が入っていないのでいろいろ面倒。
→改行挿入した形へコンバートできるようになった。


<コードエディター>
・自分でコードを作成するときには使える。
・RetroN5のチートコードを読み込ますとやっぱり強制終了してしまう。原因は1つのゲームで121個以上のコードが登録されていたため。121個以上登録されているものを120個まで減らしたらコードエディターで読み込めた。RetroN5のチートコードでは使いものにならない。落ちまくる。

(参考記事)サイバーガジェット公式「コードエディター」を使って、幻の「プルさんのパクパクワールドの秘技コード」を再現してみる。

・重複チェックをしてくれるのだが、チェックされるのは同一コード名だけ。 コード内容が違っても、コード名が同一だと引っかかってしまう。

・GBAのフォーマットAR34という形式があると読み込めない。


<理想型の完成に向けて>
・RetroN5のコード、改行が入っていない状態から改行を付けた形に変換することはできた。
・Windows10環境、フリーウェアなしでできる予定。時期は不明だが、いずれはできそうな予感というところ。


あと、コメントでいただいた情報で、RetroN5版のギアコンバーター(RETRON5 3-IN-1 ADAPTER for GAME GEAR / MASTER SYSTEM / MASTER SYSTEM CARD)がCES2017で発表された模様。

https://www.facebook.com/HyperkinGames/photos/a.172336812801423.29426.106988796002892/1212620232106404/?type=3
1

当初の予定通り2015年末に出ていれば欲しかったかも・・。
ギアコンバーターはRetroN5で使えなかったけど、これはレトロフリークで使えるかどうかはちょっと気になるところです。

というかRetroN5関係、まだ開発が続いてたのか、というのが正直なところ。
発売時に来るであろう、RetroN5の更新が楽しみです。

RetroN5について知りたい方はこちら。

RetroN5の基礎知識
http://www.geocities.jp/obaky/retron5/retron5kiso.html

【究極】RetroN5 VS レトロフリーク【至高】
http://www.geocities.jp/obaky/retron5/retron5vsretrofreak.html

更新止まってますが、何か動きがあったら更新予定・・。