今回は前々回、前回に続き、レトロフリーク用コントローラーアダプターを使った実践編。
というか雷子

さて、突然ですがクロン(雷子)さんのツイート。

個人的に気になっていた雷子が無料公開!(その後3/22に1000RTされました!)
ダウンロードして、起動してみたものの、キーボードオペレーションなんですよね。
正直きつい。

同じくクロン(雷子)さんのツイートより。
というのもあり、自分以外にも、操作でつまづいたという人はそこそこいそうな気がします。

でも、レトロフリークのコントローラーアダプター持っていればそんな悩みともおさらば
雷子を遊ぶための設定について解説します。

このゲームはCERO-C(15歳以上)のゲームです。念のため。

<ダウンロード・設定方法>
今回の記事の冒頭の、クロンさんのツイートのリンク先からzipファイルダウンロード(ついでにRT)して解凍します。
「雷子ReadMe.txtの中にキー割り当てが書いてあります。
<キー割り当て>
十字操作        → テンキーの8246
アナログ操作    → 矢印キー
決定             → Zキー
キャンセル       → Xキー
戦闘時マップ表示   → Cキー
マップグリット     → Vキー
未行動ユニット選択 → Bキー
未行動ユニット選択 → Nキー
SELECT          → Mキー
START           → <キー(Mキーの右隣のキー)
うん、覚えられん。
そこで、我らが「レトロフリーク用コントローラーアダプター」の出番です!

(追記)
その後公開された戦闘スキップなどのデバッグ機能付きのバージョン2.00では以下のキーが追加されています。
メインメニュー
・全シナリオ解除 → <キー(Mキーの右隣のキー)
戦闘パート
・戦闘勝利 → X押しながら8キー
・戦闘敗北 → X押しながら2キー
・カットイン強制表示  → X押しながらBキー


今回公開された雷子は、VITA版がベース(の音声なし版)ということなので、ボタン配置が近いスーパーファミコンのコントローラーをコントローラーアダプターに接続し、PCに接続しておきます。

Raisi.exeを起動すると次のような画面が出てきます。

1

解像度、グラフィックの品質、モニターを設定します。
解像度の指定を行い、Windowed(ウィンドウ表示)にチェックを入れておきましょう。
(チェックを入れないとESCキーとかで終了できないので、ALT+F4での強制終了しかできなくなる)

次にInputタブを選択します。
3
上から順に似たような項目が並んでいます。

Controlの並びは以下のとおり。似たような項目が多いです。
設定するにはPrimaryかSecondaryの項目をダブルクリック後、スーパーファミコンの該当ボタンを押します。
下記、赤文字の部分だけスーパーファミコンのコントローラーで設定し直します。
  • Horizontal(+)
  • Horizontal(-)
  • Vertical(+)
  • Vertical(-)
  • Fire1
  • Fire2
  • Fire3
  • Jump
  • Horizontal:十字キーの右または左
  • Vertical:十字キーの上または下
  • Fire1:Aボタン
  • Fire2:Bボタン
  • Fire3:Xボタン
  • Jump:Yボタン
  • Submit
  • Submit
  • Cancel
  • L:Lボタン
  • R:Rボタン
  • SELECT:SELECTボタン
  • START:STARTボタン
  • Horizontal2(+)
  • Horizontal2(-)
  • Vertical2(+)
  • Vertical2(-)
設定が終わったら、Play!でゲーム開始。

キーボードの設定は保存されるので、2回目からは設定不要
また、ゲームの進行状況は自動でセーブされるので、強制終了で大丈夫です。

なお、SFCコントローラーにアナログスティックはないので、戦闘画面で若干の操作性は落ちるかもしれませんが、キーボードに比べたらより直感的に操作できるようになります。オート戦闘もありますし。


余談ですが、前回の記事で表示されたWindows上のボタンと、今回の設定項目で表示されるボタン番号は1個ずれるんですね。Windowsのプロパティは1から、今回の雷子は0からコントローラーのボタン番号が割り当てられるようです。


更に余談。私の雷子の第一印象。
雷子、パッケージのインパクトはあったものの、まず電子に空目。
そして雷子の読みが分からない。らいこ?
分かったら分かったで、名前から中身が想像できない。
中身を知ったら知ったで、三国志の女体化という時点でスルーしていました。
でも、評価もなかなか高く、ずっと気になってました。

蜀、呉、魏の超高速三国志的な流れの後、雷の章、おまけがあり、各エピローグのラストとか、魏の章後半(三国志を離れてきたあたり)から雷の章の展開がかなり面白かったです。
続きも気になる終わり方でした。
家庭用にしては珍しく、(いろんな意味で)過激なCGも記憶に残るレベル。本当にCERO-Cなのかと。

クロンさんには、ぜひ3部、4部と完結までこぎつけていただきたいですね。



雷子 - PS Vita
雷子 - PS Vita
posted with amazlet at 17.03.08
クロン (2015-10-29)
売り上げランキング: 3,285

雷子 紺碧の章 - PS Vita
雷子 紺碧の章 - PS Vita
posted with amazlet at 17.03.08
クロン (2016-04-21)
売り上げランキング: 8,097


雷子 応援セット - PS Vita
クロン (2016-04-21)
売り上げランキング: 11,953

難攻不落三国伝完全リメイク-雷子- - 3DS
クロン (2015-04-09)
売り上げランキング: 7,114

雷子 紺碧の章 - 3DS
雷子 紺碧の章 - 3DS
posted with amazlet at 17.03.08
クロン (2016-04-21)
売り上げランキング: 7,099

難攻不落三国伝 ~蜀と時の銅雀~ - 3DS
クロン (2013-11-28)
売り上げランキング: 10,007