1

先日CD-ROMゲームも動作するゲーム機として話題となったretroblox(レトロブロックス)。
4月にクラウドファンディングが行われるという情報から、その後音沙汰がありませんでしたが、ようやく続報が来ました。

Retrobloxをご存じない方はまずは過去記事をご覧ください。
CDゲームも遊べる互換機「retroblox(レトロブロックス)」発表!
retroblox(レトロブロックス)の技術仕様が公開!(2/8追記x2)
retroblox(レトロブロックス)対応機種判明!など。(2/28追記)



で、続報ですが、若干残念な感じです。
3月はほとんどRetroblox(レトロブロックス)関連の話題がなく、ネット上ではプロジェクト中止等の噂も上がるほどでした。

実のところは権利関係の紛争中で、機密保持やら何やらで、特定の日まで新たな情報を公開できなかったようです。(3月中旬にretroblox公式が発言)

で、今回公表されたこと。

RETROBLOX(レトロブロックス)ブランド消滅決定

名称に関して、どこかと紛争があったようで。
覚えやすくていい名前だったのですけれども残念です。

RETROBLOXが商標登録されていたかどうかはともかく、 同じ名称で既にいろいろ公開されているものがありますからね・・。
ロゴぐらいは残して欲しい気もしますが、どうなるでしょうね。

新名称、新URL、はまだ公開されていませんが、決定次第公式サイトも移動するようです。


そして、残念なことに、
4月に予定されていたクラウドファンディング開始については延期再開時期も明言されていません。

そんな中、良いニュースも。
運転資本が製品を100%完成させるのに十分な金額になった

プロトタイプのお披露目などで資金が集まってしまったのでしょうか。
事実上、資金調達は完了しているということでしょうかね。

とりあえず、プロジェクト中止はなさそうとで一安心。
そもそも日本が対象になることすら決定していませんが、気長に待ちましょう。

(待つことならレトロフリークでさんざん経験してきたし・・。)

詳細はこちらからご確認を。
IMPORTANT ANNOUNCEMENT / UPDATE
http://retroblox.com/forums/topic/important-announcement-update/ 


追記:
5/13、retroblox公式の発言で、アナウンスはまだできないが、できるだけ早く実現できるよう取り組んでいるとの発言あり。