(最終更新2018/1/5)
今年はレトロゲーム互換機「POLYMEGA」発売の年ということで、今までに判明している全てのPOLYMEGA関連情報について整理してみました。
新情報が入り次第更新していく予定です。

レトロゲーム互換機POLYMEGA(ポリメガ)についてのまとめです。
あくまで現時点での予定であり、今後変更される場合があります。

1.POLYMEGAとは?

●概要
Playmaji社が発表した、レトロフリークやRetroN5等と同様のレトロゲーム互換機です。
従来の製品にはなかった、CDメディアのゲームに対応しています。
当ブログでよく取り上げていますが、レトロフリーク、またはその後継機ではありません
当初はRETROBLOX(レトロブロックス)という名前で発表されましたが、POLYMEGAという名前に変更されました。

●特徴・機能
・DVDドライブを標準で搭載しており、CDメディアのゲームに対応している。
・エレメントモジュールにより、各種ROMカートリッジ、コントローラーに対応。
動画撮影やスクリーンショットに対応。
・ゲームインストール可能。データだけでのプレイは不可。オリジナルのCD/ROMが必要。
・ネットワーク接続によりYoutubeへの投稿、Twitchでの配信ができる。(Webカメラ・マイクはUSBで接続)
・ステートセーブ/ロード対応。PS1はメモリーカードアダプターも使用可能。
・互換機にありがちなスロットの脆さはないらしい
・ハイブリッドエミュレーションという独自機能のため、従来の互換機より互換性が高いらしい。スーパーゲームボーイやマルチタップが使用できる。
・チートコード、パッチの対応予定あり。(POLYMEGAローンチに間に合わない場合はファームウェアアップデートで対応予定。)

2.対応機種
<CD関連>
  ・Playstation(日本、日本国外)
  ・ネオジオCD
  ・メガCD(日本、ヨーロッパ)
  ・Sega CD
  ・32X CD
  ・PCエンジンCD-ROM2
  ・PCエンジンSUPER CD-ROM2
  ・PCエンジンARCADE CD-ROM2
  ・TurboGrafx-CD

※複数枚組みのゲームにも対応。CD関連の対応ゲームはアップデートにより追加される予定。発表当時、1~2機種追加予定とのことで、そのうち1機種はNEOGEO CDになりました。

<ROM関連>
エレメントモジュールによって、各ROMカートリッジに対応します。

・MODULE EM01:NES
  NES(海外版ファミリーコンピュータ)

・MODULE EM02:SFC SNES
  スーパーファミコン
  SNES
  ゲームボーイ(要スーパーゲームボーイ)
  ゲームボーイ/カラー共通(要スーパーゲームボーイ)
  ※ゲームボーイカラー専用ソフトは対象外

・MODULE EM03:MD GEN 32X
  スーパー32X
  メガドライブ
  Genesis
  マスターシステム(要 Power Base Converter)
  ※セガ マークIIIマイカード マークIIIについては不明。メガアダプタで対応可能?
  ※SG-1000用カートリッジSG-1000用マイカードについては不明。カードキャッチャで対応可能?

・MODULE EM04:PCE SGX TG16
  PCエンジンHuカード
  スーパーグラフィックス
  TurboGrafx-16

以下は本体発売後の予定。
・FCモジュール(予定)
  ファミリーコンピュータ

・Atariモジュール(予定)
  対応機種は未定。
   Atari2600?、7800?(retrobloxの頃に対応予定の話があった)

以下、未定や検討中など。(POLYMEGA公式の発言より)
・SMS / Mark IIIモジュールを作成したいと考えている。
ニンテンドー64は法的に対応可能であれば。
・光線銃の対応も検討。
・オリジナルのカートリッジを持っていなくても遊べるサービスを提供するかもしれない。

3.仕様
(2017/2/4-5開催のSoCal Retro Gaming Expo 2017にて発表されたもの)
 CPU:Quad-core ARM CortexA17 1.8Ghz(Rockchip RK3288)
 GPU:Quad-core ARM Mali-T760 GPU 600MHz
 OS:Linux(Debian8)
 2GB RAM/16GB eMMC
 1xUSB2.0
 1xUSB3.0
 1xMicroSD(SDXC Compatible)
 1xHDMI2.0
 1xGigabitEthernet
 1xmicroSATA
 1xBlox Bus Connector
 Internal Bluetooth Antenna
 DC Power 20-pin JTAG

 DVD-ROM:8倍速
 CD-ROM:24倍速

 コントローラー: Gamesir社のコントローラーのカスタマイズ版。

4.公式関連サイト

最新情報はこちら。
公式ホームページ:
http://polymega.com/
facebook:https://www.facebook.com/playPOLYMEGA
twitter:https://twitter.com/polymegaHQ
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCWqtxMJ6232Kip_Wxi694sA
Instagram:https://www.instagram.com/polymega/


5.その他

・どこで買えるのか?
POLYMEGAはまだ発売していません。当初予定されていたクラウドファンディングは中止となり、受注販売形式となることが発表されています。プレオーダー後も継続して販売するそうです。
プレオーダーの開始は2018年ですが、具体的な時期や開始日は明言されていません。
また、日本への発送か可能かどうかについて、現時点では不明です。

・発売までのスケジュールは?
 ・チートやパッチなどのインターフェース情報公開(プレオーダーキャンペーンの前)
 ・ハイブリッドエミュレーションの情報(プレオーダーキャンペーンの前)
 ・プレオーダーキャンペーンのアナウンス(開始30日以上前)
 ・プレオーダーキャンペーンの実施と発売地域の発表(2018年)
 ・発送(2018年夏)


・価格について
価格については、ベースユニットはニンテンドースイッチより安く、エレメントモジュールは40~60ドルの予定だそうです。

(随時追記予定)