過去のPOLYMEGA関連記事はこちら

互換機のピンは壊れやすいという定説を覆すかもしれないPOLYMEGA。

POLYMEGAのイジェクトボタンとスロットについて、フォーラムの方の質問にPOLYMEGA公式が回答しています。

Q:イジェクトボタンは?
NES / SNES / Genesisゲームのイジェクトボタンはありますか?
私は過去にRetroN 2を持っていましたが、最大の欠点の1つは、NESのイジェクト・ボタンがないことです。
私が知る限り、クローン・コンソールのどれもNESやGenesisゲームのイジェクト・ボタンを持っていません。結果、私はコンソールからゲームを外す際に私がプレイした最初のNESゲームを誤って破壊しました。

私は、Hyperkinのfacebookページのように、それらのゲームを削除する "適切な方法"があることを知っていますが、それはばかげています。ハードウェアを設計する際に慎重だったら回避する必要はありません。
彼らの方法に従ったが助けにならなかった。さよなら。あのダブルドラゴンIIはもういない。

レトロゲームの一部は100ドルを越えるので、ゲームに安全だということを知っていない限り、私はチャンスを取ることを喜んでしないだろう。なぜなら、ゲームの価格が特に高くなっているNES / SNES / Genesisに関するもので、私は特にMetroidやZeldaのような価格が高いゲームを失いたくないのです。

A:
我々は、レトロシステムのこの重要な側面を市場の他の製品の欠陥としての失敗を見てきました。
モジュール自体に設計されたカートリッジイジェクトボタンはありませんが、製造パートナーとエッジコネクタ(カートリッジがモジュールに挿入されている接点)を細かく再現し、正しい量の「グリップ元のシステム上に存在し、ぴったりとフィットし、簡単に引っ込められ、きれいな電気接続を確保します。
なので、Polymegaを使用することによる、カートリッジへのダメージを恐れる必要はありません。

コメント:
レトロゲーム互換機によくある、コネクタが壊れやすい問題。
ピンが曲がったり飛んでしまって、カセットを読み込めなくなるもの。

初期のレトロフリークやRetroN5でも、ユーザー側が何らかの対策(端子の清掃、接点復活、抜き差し方法)をしないと壊れることがありました。

今回の質問にあるように、RetroN5のHyperkin社では過去に対処方法について動画を公開しています。

・カートリッジ清掃方法
 

・カセットの正しい抜き方

 

現在のレトロフリークは改善されているのですが、話題になるたびに初期のネット上での悪いイメージがネット上で繰り返し広められています。
実際に壊してしまった人や、見えない何かと戦っている人、互換機に親を殺された人が広め続けているのは想像に難くありません。

POLYMEGAではプロジェクト当初からこのコネクタがもろい問題を認識しており、対策すると述べていましたが、今回改めてそこに言及されています。

「POLYMEGAのスロットは問題ない」

覚えておきましょう。


レトロゲーム復活剤 (ゲームカセット用)
コロンバスサークル (2015-12-24)
売り上げランキング: 243