2017年2月のPOLYMEGAの前身、Retrobloxの初報からさんざん待った身としては、正直信じられないという内容満載の記事がtechcrunchに掲載されました。あと、翻訳のミスだったら本当すまん。

こちら。
Playmaji is looking to bring its retro-gaming, modular console to market

記事によると、POLYMEGAの会社Playmaji社のCEO(Bryan Bernal)の言葉として、以下の内容が書かれています。

・POLYMEGAのプレオーダーキャンペーンは3ヶ月以内(=9月まで)に開始。

・2018年第4四半期(=10~12月)に発売

・POLYMEGA本体は249.99ドル。

・エレメントモジュール+コントローラーは59.99ドル。


など、今まで明かされなかった知りたいことが満載の記事です。

他には、
・50~100ゲームのライセンス導入を目指している。
・以前の資金調達では50万ドルを調達。今後、追加ゲームのライセンス用に200万~300万ドル規模の資金調達を勧めている。交渉先はセガ、コナミ、カプコン等。
など、オンラインショップ関連と思われる件も進行中のようです。

POLYMEGA公式からはまだいずれも正式に発表されていませんが、少なくとも価格に関しては、「ベースモジュールはニンテンドースイッチ(約299.99ドル)よりも安い」、「エレメントモジュールは新しいビデオゲーム(40-60米ドル)とほぼ同じ価格」というこれまでの情報に付合します。
もし本当に今年発売だったらAtariVCSより先に出るんですよね。

E3期間中に公式発表が行われることを願っています。
取りあえず言えること。
1
以下広告。
(POLYMEGA特化機種の価格の安い順)
駿河屋リンク:メガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
Amazonリンク:メガCDネオジオCD32XPCエンジンCD

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋