まだ先だと思ってたらもう来た!まだ土曜だぜ・・。
---お知らせ-----------------------------
過去のPOLYMEGA関連記事はこちら。
POLYMEGAを知らない人はPOLYMEGA(ポリメガ)の基礎知識(仮)の記事を参照。

増設必須のM.2 SSD (Amazon) 参考記事→雑記:POLYMEGAで使うSSDを選ぶためのメモ
ライトガン関連:銃型コントローラー、ライトガン対応ソフト一覧(JPGAMES)
駿河屋:PlayStationセガサターンメガCD32XネオジオCDPCエンジンCD
Amazon:PlayStationセガサターンメガCD32XネオジオCDPCエンジンCD
光線銃関連ソフト 銃型コントローラー、ライトガン対応ソフト一覧(JPGAMES)
---------------------------------------

前回の記事でも取り上げましたが、予告されていた次のアップデートがもう来ました!

今回はPOLYMEGAのサポート言語やリージョンなどについてです。
詳細は以下のURLから確認できます。

https://www.polymega.com/2019/12/13/polymega-regions-language-support-details/
1


●UIの対応言語
全部で15の言語に対応します。
英語、イギリス英語、イタリア語、Deutsch、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、オランダ語、スウェーデン語、ノルウェー語、フィンランド語、韓国語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、そして日本語も対応。
1

そして、どの言語でもUI以外のデータベースの言語は英語になります。

が、

日本語だけは日本語でデータベース表示!

1
PCエンジンのパロディウスだ!のデータベース画像。
デザイン最高すぎるでしょ!

1
こちらはメガCDの惑星ウッドストック。

日本語対応自体は過去記事(POLYMEGA:日本語対応画面公開!)で取り上げていますが、あのときちょっと不満だったフォントも今回公開の画像ではプロポーショナルフォントに変更されています!
こちらは前回公開されたのもの。
1
3

なかなか最高の形で仕上がってきているように感じます。
日本語、こんなに優遇されていいんですか?


●リージョンサポートのセッティングについて

ゲームについては当然リージョンフリーで、北米、日本・アジア、ヨーロッパの複数の地域をサポートしています。
1

システム設定内のリージョン選択設定で選択したリージョンに基づいて、プレイするゲームのバージョンやシステムの動作などが自動調整されるそうです。
ゲーム内に複数言語が収録されているものは選択したリージョンによって自動でその言語版が読み込まれます。
また、システムの動作の例として、決定/キャンセルボタンの動作が英語と日本語では入れ替わるそうです。

カートリッジが対応していれば管理画面からリージョンの変更 もできるそうです。
2
リージョンを変更することで、他言語のものも遊べるようになるとのことです。

ちなみにレトロフリークでもリージョン変更の機能はあります。リージョンを変えることでゲームタイトルやゲーム内の挙動などが変わったりします。

こんな感じ。

1
2

2
1
タイトルによってはリージョン変更で動かない旨のメッセージが表示されたり、いろいろ調べてみるのも面白いかも。

メガドライブミニでも言語を変えると海外版が遊べたりします。
実機では遊べない他言語バージョン、ちょっと得した気分になりますね。


今回公開された情報は言語やリージョン関連のみで小売店関連の話はありませんでした。


前回公開されたの動作リストでも思ったのですが、動作リストにはイベント限定配布のCD、予約特典のCD、TV番組懸賞品、同梱CD、複数枚組それぞれのディスクまで調べてあってちょっと凄すぎでした。

発売がだいぶ遅れたけど、膨大な検証や日本語データベース整備がここまで進んでいたら延期なんて些細な事かと。
そう感じるのは私だけ?



レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋