レトロフリークの基礎知識(仮)

永遠の(仮)。最近はPOLYMEGA関連記事多め。何があっても自己責任で。
※当ブログ・記事へのリンクは歓迎しますが、引用元を明記しない、文章のみの転載・盗用は固くお断りします。

レトロフリーク本体

レトロフリーク標準コントローラー特殊操作のまとめ

先日発表されたレトロフリーク用アーケードスティック。
標準コントローラーと比べ、ボタンの数がかなり増えています。

【発売日未定】 レトロフリーク用 アーケードスティック
サイバーガジェット (2018-03-31)
売り上げランキング: 1,002

ボタンマッピングはこんな感じ。
2
標準コントローラーに比べ、L2、R2が増えたり、上の方には、左からSELECT、START、QUICK SAVE、QUICK LOAD、CODE FREAK、OVER CLOCK、OPTION、HOMEとなっています。

ちなみにレトロフリーク標準コントローラーはこんな感じ。
1


レトロフリーク用アーケードスティックにあるこれらの特殊ボタンは、標準コントローラーからは以下の操作で行えます。
併せて特殊操作についてもまとめてみます。
全て本体バージョンが2.5の場合です。過去バージョンでは対応していない機能もあります。

<ゲーム中>
HOME・・ゲームメニューを表示
HOME+R・・メインメニューに戻る
OPTION+X・・オーバークロック・ダウンクロック(事前に設定しておいたスピードになる)
OPTION+Y・・スクリーンショット撮影
OPTION+L・・クイックロード
OPTION+R・・クイックセーブ
OPTION+SELECT・・ファミコンのマイク入力
OPTION+START・・ファミコンディスクシステムのディスク切替

いくつかの項目については、操作設定/ショートカット設定から行えます。
ファミコン選択時のみ、マイク入力とディスク サイド切替の設定も行えます。

<メニュー、ゲームリスト表示中>
Y+↑・・ 1ページ上に移動
Y+↓・・ 1ページ下に移動
OPTION+HOME・・操作画面のスクリーンショット撮影

<ゲームリスト表示中>

SELECT・・ソートメニュー表示・・リスト表示(大・中・小)、ソート(発売日・メーカー・あいうえお順・レート順)等
LまたはR・・リスト表示(大・中・小)の切替
OPTION・・選択中のゲームの削除、セーブデータの確認・削除

<特定ゲームの選択後>
画像を選択した状態でAまたはX・・画像のロック・ロック解除
レートを選択し、AまたはX・・左右でレート変更。

<その他>
強制終了・・本体の電源ボタンを10秒以上長押し

こう見ると、レトロフリーク用アーケードスティックのCODE FREAKボタンに相当する機能だけが今はないことになります。
バージョンアップで設定できるようになるのかな・・?
メニュー・ゲームリスト画面のスクリーンショット撮影のような、隠しショートカットがあったりして・・。

あとジョイスティックでクイックセーブやロード、オーバークロック等を設定して使ったことがありますが、ゲーム中に目が離せなかったりで、意外と使いづらいんですよね。
この辺は慣れかもしれませんが、使い勝手はどうでしょうね。

(update4)レトロフリーク新バリエーションについて冷静に考える


2
下手なブログ記事よりも、やっつけで作ったFake画像を無言で公開した方が広まる現実。
こういった公式発表で記事書きたかったねぇ・・・。

------------------------
10/5更新その1、その3

発売日未定のまま、いろいろ予約開始されましたね。仮の日付でしょうけどAmazonで3月。
レトロフリークベーシック、ニンテンドーミニSFC発売日に予約開始。数量限定だって。



レトロフリーク用アーケードスティックも予約開始。14,800円。
デザインはFCアスキースティックのぱくりっぽくて好みだけど高い?
パーツの品質とか考えたらそんなもの?
連射ボタンみたいなはなさそうなので、レトロフリーク側で設定するのか・・。

16ボタンがカスタマイズできるかどうか、対応のためのアップデートがあるかどうかの方に期待。



その他パーツも。

Windowsでも使えるやつ。

ピン飛び修理とどっちが安いか。


コントローラーカラーはスーファミに合わせないのね。
ボタン色は相変わらず1色。スーファミカラーみたいにすればいいのに。


関係ないけど、ミニスーパーファミコンはいい感じで出荷多めのようで、何より。


10/5更新その2

未来百科ブログの10/5の記事より。
>MSX用カートリッジアダプターとかJAMMA基板用アダプターを妄想してしまった人がいたら、ごめんなさい。
>それらは、もう少し先の話です(?)

何でこの時期に次の製品へのハードル上げるかなぁ。
次ファミコンアダプタとか発表されたとしても驚かないけど。

10/5更新その4

コントローラーアダプター 5ポートのSFC用とPCE用も発表されました。
2018年春発売。それぞれ税別5,000円。
4
今までは5個のコントローラーに対応していたけど、実際つなぐと認識しなかったり。
これなら大丈夫なのか?

10/5更新分は以上。

------------------------

さて、冷静になったので改めて記事を書く。

(冷静に考えれば)今回のレトロフリーク新バリエーションに関して、サイバーガジェット様はうそは言っていないわけで。新モデル、新機種対応など、全く公表していないし。全くな。

(冷静に考えれば)既存ユーザの期待・妄想がちょっとばかり大きすぎ、既存ユーザがちょっとばかし想定外過ぎのブツが発表されただけ。

今回のラインナップは、(冷静に考えれば)ビジネスの選択肢としては当然ありだと思う。

(冷静に考えれば)無償アップデートを続けたからお客様が増えるわけじゃない。アップデート半年以上やってないけど。会社としては、当然お金を払ってくれる新規顧客の開拓は必要。既存ユーザという釣った魚に餌をやる必要なし。

(冷静に考えれば)ニンテンドークラシックミニが入手できない人や、レトロフリークが高くて手が出せなかった人の敷居は低くなり、購入する人は確実にあるわけだし。

(冷静に考えれば)期待をあおるシルエットを出して発表したことで、レトロフリークの認知度は確実に上がったことは間違いないわけで。ハードルも上がったけど。

(冷静に考えれば)ニンテンドークラシックミニ発売直前に発表したことだって、発売日に予約開始したことだって、スーパーファミコンが最高潮に注目を高めるこのタイミング以外あり得ない。結果的にはひんしゅくを買ったりしたけど。

(冷静に考えれば)既存ユーザは、今後パーツ交換が安くできる、レトロフリークシリーズのユーザーも増える。ユーザーが増えれば有益な情報も増える、友達も増える。れることで開発資金が増え、次の開発につながる、風が吹けば桶屋が儲かる。
ふたを開けてみれば、既存ユーザーにとってもメリットだらけじゃないですか。
ソフトの高騰なんか今に始まったことじゃないし。

皆さんも冷静に考えて、自分の思っていたことと違ったからって公式への突撃はやめましょう
双方何のメリットもありません。

冷静に考えようぜ!

さあ、書いているうちに冷静さを失ってきた感じがするので、この辺でおしまい!

とりあえず今回のことは忘れて、次回からはマイペースで。

レトロフリークの新バリエーション公開!しかし・・・。

久しぶりにレトロフリークの話題で盛り上がった先日のこれ。
思ったより早く、シルエットが取れました。

1

それがこれ。レトロフリーク ベーシック。
1


1
何とスーファミ専用レトロフリーク


考え得る最悪よりさらに下回ってきましたわ・・。

画像のファイル名basicが最大のヒントだったようで。基本形ね。
正直、こう来るとは思わなかったわぁ・・・。

ちなみに、公開前に開始したtwitterで現在開始途中のアンケート。
途中ですが、ディスク搭載だと思っている人が半分以上。

悲報以外の何物でもないわぁ・・・。

詳細は公式サイトで。
http://www.cybergadget.co.jp/retrofreak/


POLYMEGAの続報に期待!
そして、ニンテンドークラシックミニは明日10/5発売!


●楽天ASOBITCITYにてニンテンドークラシックミニ
10/4 17:00より受付開始!→速攻終了。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン 任天堂
価格:8618円(税込、送料別) (2017/10/4時点)


買えなかった人がレトロフリークベーシック買うのかな・・?

「レトロフリーク新バリエーション登場!近日予約受付開始!」というニュースが入ったので予想してみる

突然飛び込んで来たニュース。びっくりですわ。昨日記事を更新したばかりだというのに・・。
http://www.cybergadget.co.jp/retrofreak/

10/4追記。上記サイトで公開されました。新たな機種の追加もなく、SFC専用モデルでした・・・。
次の記事にて。


1
半年以上レトロフリークの更新がなかったのはこのためか・・?
情報はこの画像1枚のみ。
まだ公式twitterからのアナウンスもない状態です。

ここからはあくまで個人的な予想。情報がほぼないので難しいところだが・・。


まず、画像の右側は現在のレトロフリーク本体部分と同じに見えますな。
見た目同じで新型なのか?


肝心な左側はUSB接続の拡張機器かな?

左側は本体中央の継ぎ目に注目。
1
カートリッジアダプターのようなプラスチック素材?高級感はなさそう。

そして、バリエーションというのはどういう意味なのか・・?
完全に別モデルというわけではない?

そもそも周辺機器の発表なのか、本体も発表なのか?
今までの本体はそのまま、周辺機器のみだったら、本体画像を黒塗りする意味があるのか?という疑問。

なぜ外付けなのか?カートリッジアダプターのように本体を内蔵できない理由があるのか?

画像のファイル名はtips_basic_01.jpg。basicとは?

ということで疑問は尽きませんが、過去のサイバーガジェットの伏線もふまえ、以下のように予想してみました。


予想1:全部入りカートリッジアダプター+ネオジオROM対応モデル+レトロフリーク上位モデル?
過去にNESカートリッジアダプター、ギアコンバーターと別売りされていたアダプターが全部統合されたモデルなのでは?

そして、以前サイバーガジェット公式twitterでネオジオROMのアンケートをとっていたこともあり、MVS/AES両対応のもの実現するのではないか?

また、「バリエーション」ということで、本体のCPU等が高速化された「Newレトロフリーク」とか「レトロフリークPro」とか「超レトロフリーク」とか「スーパーレトロフリーク」とか?

2015年10月のレトロフリーク発売時点で、1年以上前に発売されたRetroN5と同等CPUだったこともあり、そろそろ本体性能がアップしたものが出てきてもおかしくなさそう。
どう見ても性能面と価格面で見たら現在のは割高。機能面はともかく。

強化されたCPUモデルで、1000本以上ゲームを入れても高速起動!とかだったら現実的かな。
本体は既存のまま、周辺機器としてカートリッジアダプターだけが新製品という線もあるが・・。


予想2:光学ディスクドライブ搭載コントローラーアダプター?

おそらく一番望まれているのがこのパターン。
CD/DVDを搭載したPCエンジン・メガCDやネオジオCD対応等、POLYMEGA(過去記事カテゴリ)と同様のモデルか?

そして、ファミコン世代には懐かしいマンガ冊子(過去記事)にあった「光ディスクシステム」が遂に現実になるか?
koregaretrofreakda2

ただ、この場合、USBの電源供給で大丈夫なのかという懸念も・・。
以前、レトロフリークに外付けDVDドライブを接続(過去記事)してみたとき、既存の本体ならドライブを動かすことはできるけど、他にコントローラーを複数付けたら、別に電源を用意しないと厳しいんじゃないかなと。

あと、重要な点。
POLYMEGAのように、オリジナルBIOSを作っているか?(作れるか?)
そのパワーがあったら、既存のバグつぶしと高速起動に尽力してほしいところ・・。
POLYMEGAとかよそからオリジナルBIOSの提供を受けたりしたらもしかしたら・・・?

一番これに期待するけど、電源とBIOSの問題で光ディスクシステムの線は低いと予想。


予想3:レトロフリークポータブル

サイバーガジェットのもうひとつの伏線、ソフト100本インストールすると出てくるメッセージ(過去記事)にあったレトロフリークポータブル。
ただ、シルエットから本体からのUSB接続されているようなので、これはなさそう。


・・・というわけで、個人的には予想1の「全部入りカートリッジアダプター+ネオジオ対応モデル+新CPUの本体」かなあ。

予想を全部裏切って権利問題をクリアしたPS2とかN64とか対応モデルとか出してほしい気持ちもあるが。
ニンテンドー64とかワンダースワン対応とか、いまだに謎の「ジャンプくんの宇宙大冒険」が隠しゲームで入っているとかでも購入かな。^^;

仮に新モデルだとして、起動時間が遅すぎるのが改善されればちょっと欲しいかも。
この辺はバージョンアップで対応して欲しいところだけどね。microSD何枚も入れ替えなくて済むし。
でも、速度向上とネオジオROM対応だけだったら、全部再インストールする気力がないというのが正直なところ。コンバート機能が提供されれば買い。



あと発売時期等についての予想。

過去にもあった、製品写真がない状態での「近日予約受付開始」の文字。
予約であって、発売ではないのね。

過去のレトロフリーク関連製品の発売予定と発売日については、

・本体(2015/3発表):2015年春予定→2015年10月31日
・ギアコンバーター(2015/10発表):2016年2月予定→2016年8月31日
・NESカートリッジコンバーター(2016/5発表):2016年7月上旬予定→2016年11月3日

という実績があるので、発売時期が発表されたら4~6カ月くらいは楽しませてくれるかな。
というわけで、発売は2018年春(サイバーガジェット基準)と予想。(予想になってない)


・・皆さん、レトロフリークの新バリエーション、どう予想されますかね?

レトロフリーク 用 NESカートリッジコンバーター
サイバーガジェット (2016-11-03)
売り上げランキング: 3,683

サイバーガジェット公認「レトロフリーク内蔵テーブル筐体」発売開始!

株式会社いっとく(PCCADE、パソケード)より、「レトロフリーク内蔵テーブル筐体」が発売開始されたそうです。
何とサイバーガジェット公認。

デザインはこんな感じ。レトロゲーム専用機だけにテーブル型筐体のセンス。いいですね。
1
20インチスクエアモニター、外部USB端子搭載。
飾りでも、お金の投入口が欲しかったり。^^;

価格はオープン記念の119,800円。販売は9台のみで、東京八王子での引渡しのみということで、入手の敷居はかなり高そうです。まあ、値段や入手難易度もさることながら、置き場所の方が問題ですけどね。

動画も公開されています。

プレイ動画。

ボタン一発での電源ONはいいなぁ。
起動時間だけはどうにもならないですよねぇ・・。サイバーガジェットさんの改善は今後あるのか?
リアルタイムセーブとか各種ショートカットキーを使いこなすのは少し大変そう。

こちらの動画は、筐体上にあるUSBコネクタにカートリッジアダプターをつなげてインストールしたところ。



こちらは内部の様子。
レトロフリーク本体、HDMIサウンド分離器、スピーカー、USBハブ、熱対策ファンなど。
1

うーん、自作したい。^^;

1
自作の無線ジョイスティックに小さいディスプレイと本体を埋め込めば何とか行けるかな。
あと、microSDカードスロットも延長して、外側から取り出しできるようにしたり。
そうすればレトロフリークポータブル(ただしでかい)の完成だ・・。

なお、「レトロフリーク内蔵筐体」は、9/6~9/8にビックサイトで行われる東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017のサイバーガジェットブース(東2-T18-15)で展示されるそうです。


さて、情報の早いサイトはどこか、タイトルの付け方など、何となく気になったので、今回の「レトロフリーク内蔵テーブル筐体」の記事を集めてみました。記事の掲載時刻の早い順です。

<発売元>
・プレスリリース(PCCADE) (12:54)
レトロフリーク内蔵テーブル筐体を発売開始

・製品ページ
レトロフリーク内蔵テーブル筐体


<各サイトの記事>

・GAMER(13:13)
レトロゲーム互換機「レトロフリーク」を内蔵したテーブル筺体が販売開始! 

・GAME Watch(14:33)
往年のゲーセン気分でレトロゲームが楽しめる「レトロフリーク」内蔵のテーブル筐体が登場

・電撃ホビーWeb(16:00)
家がゲームセンターに!?ファミコンやメガドライブなど11機種のカートリッジに対応したテーブル筐体が登場!

・iNside(16:45)
「レトロフリーク」を内蔵した、”あの頃”感がハンパないテーブル筐体が販売開始!9台限定で、再生産は未定

・価格.com(17:20)
レトロゲーム互換機「レトロフリーク」内蔵のテーブル筐体が9台限定発売

・ねとらぼ(20:11)
昔の喫茶店みたい! 11機種のレトロゲームに対応する「レトロフリーク」内蔵のテーブル筐体が登場

・Game*Spark(20:12)
「レトロフリーク」を内蔵した、”あの頃”感がハンパないテーブル筐体が販売開始!9台限定で、再生産は未定

久しぶりにネット上でレトロフリークの話題を見掛けたなぁ・・・。
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ゲーム福袋

・POLYMEGA対応機種(CD)
ネオジオCDPSPCエンジンCDROM2アーケードカード用

・POLYMEGA対応機種(ROM)
NESSNESスーパーファミコンメガドライブスーパー32XジェネシスPCエンジンHuカードPCエンジンスーパーグラフィックス
注目商品(Amazon)



















楽天市場
Amazonライブリンク
最新コメント