レトロフリークの基礎知識(仮)

永遠の(仮)。最近はPOLYMEGA関連記事多め。何があっても自己責任で。
※当ブログ・記事へのリンクは歓迎しますが、引用元を明記しない、文章のみの転載・盗用は固くお断りします。

パッチ

ディスクシステム(夢工場どきどきパニック):セーブデータをクリアするIPSパッチ公開!

ディスクシステム専用ソフト、夢工場ドキドキパニック。
昔のフジテレビのイベントがらみで作成された任天堂のソフトです。



で、さっそく吸い出してプレイしてみたら・・
1
前のオーナーのセーブデータが入っていました。

で、最初からやろうとしたら、このゲーム、セーブデータの削除ができないようです。
確かスーパーマリオ2とかも消せなかったような。

・・・というわけで、セーブデータを初期状態にするIPSパッチを作成しました。
   
ダウンロードはこちら。(右クリックで保存)
yumekojo_savedata_clear.ips

ファイルはmicroSDの以下の場所に保存してください。(patchフォルダがない場合は、フォルダを作成)
\RetroFreak\patch\yumekojo_savedata_clear.ips


<実行手順>

・ゲーム(夢工場ドキドキパニック)を選択し、ゲーム設定画面からパッチ選択メニューを開く
1


・正しくSDカードに保存されていれば、ファイルマネージャーが開き、パッチの一覧が表示される。 yumekojo_savedata_clear.ipsを選択し、閉じる。
1


・「パッチ適用時はセーブデータを別に保存」がOFFになっていることを確認して、閉じる
1


・「互換性のない自動再開用データを削除しますか?」と聞かれたら、いいえを選択
1


・ゲーム開始。タイトル画面が出たらOPTION+STARTでB面に入れ替え。ステージ選択画面で過去データがクリアされていることを確認。
1

・HOME+Rでメインメニューに戻り、ゲーム設定画面を開き、パッチ選択メニューを開く。
パッチの適用を解除」を実行する。(パッチを削除しないと面をクリアしても保存できないため)
1

・・・以上で、レトロフリーク上でセーブデータが初期状態に戻ります。

注意すべき点は、ディスクシステムのゲーム内でSAVEをしても、元のFDSファイルが書き換わらないことかな。
レトロフリーク上のセーブデータを削除すると、最初の状態に戻ります。


ちなみに、夢工場ドキドキパニックは、後にキャラ差し替え版のスーパーマリオ2として海外で発売されています。
そしてそれがスーパーマリオUSAとして日本で発売されています。
スーパーマリオUSAはSFC/Wiiのスーパーマリオコレクションにも収録されています。

ドキドキパニックで行き詰まっても、スーパーマリオUSAの攻略サイトで対応可能!

スーパーマリオコレクション
任天堂 (1993-07-14)
売り上げランキング: 3,253

スーパーマリオUSA
スーパーマリオUSA
posted with amazlet at 17.09.15
任天堂 (1992-09-14)
売り上げランキング: 4,775

レトロフリークでのパッチファイルの使い方

ども、おばきいです。

レトロフリークではパッチファイルが使えるのですが、公式の取り扱い説明書(V1.3 P28)に、
●パッチ選択 
エミュレーター用のパッチファイルを使用できます。
という記述があるだけで、具体的な使い方などは書いてありません。何故でしょうね。
まあそれは置いておいて、レトロフリークでのパッチの使い方を。
PCでmicroSDの中のフォルダ「RetroFreak」の下に「Patch」というフォルダを作成し、その中にパッチファイルを入れます。(パッチファイルの形式は*.ips。試してないけど多分*.upsもOK。)

私は、RetroN5で使ったパッチファイルがあったので、そのままフォルダごとコピー。
フォルダ名でいうと、Retron/Patch を RetroFreak/Patch にコピーしました。

あとは、レトロフリークを起動して、
1.パッチ対象のゲームを選択。
2.ゲーム設定を選択。
3.パッチ選択を選択。(Patchフォルダの中身が表示される)
4.パッチを選択。
5.既存の再開データがある場合、削除の確認が出るのでOKを選択。

あとは通常通りゲームを開始すると、パッチが適用されます。

そして、パッチが適用されると、メニューが3つ増えます。

「ヘッダー要求のあるパッチに対応」

特にスーパーファミコンでうまくパッチが適用されない場合は、もう一度ゲーム設定画面を開き、の項目を変更するとうまくいったりするかも。

「パッチ適用時はセーブデータを別に保存」
ONにすると、クイックセーブ用のデータが、パッチ適用前とパッチ適用後でそれぞれ保管されるようになります。
ファイル名でいうと、セーブデータの番号が0の場合、
適用前:ゲーム名.snap0
適用後:ゲーム名(パッチ名).snap0
のような名前で保管されます。
通常はONで良いかと思います。

「パッチの適用を削除」
一度当てたパッチはそのまま適用され続けるので、元に戻すには、メインメニューに戻り、ゲームメニューから、「パッチの適用を削除」を選択すると元に戻ります。

だいたいこんな感じです。
で、パッチの適用から削除までの一連の流れの動画です。
(バルーンファイト+BaloonFightIwata.ipsを適用しています)



今回もRetroN5と同じような感じですが、中身が似たようなもんだからしょうがないですね・・。
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ゲーム福袋

・POLYMEGA対応機種(CD)
ネオジオCDPSPCエンジンCDROM2アーケードカード用

・POLYMEGA対応機種(ROM)
NESSNESスーパーファミコンメガドライブスーパー32XジェネシスPCエンジンHuカードPCエンジンスーパーグラフィックス
注目商品(Amazon)



















楽天市場
Amazonライブリンク
最新コメント