レトロフリークの基礎知識(仮)

永遠の(仮)。 何があっても自己責任でよろしくです。
※当ブログ・記事へのリンクは歓迎しますが、引用元を明記しない、文章のみの転載・盗用は固くお断りします。

コードフリーク、秘技コード

レトロフリークの秘技コード、RetroN5のチートコード、コードエディター検証中/RetroN5版ギアコンバーター発表!

こちらの記事でやっているRetroN5のチートDBとレトロフリークの結合。
RetroN5のチートDBとレトロフリーク秘技コードファイルを1分で結合する方法(2017/1/2改訂)

現在は競合したときは、左側(レトロフリーク優先)となっており、右の理想形(レトロフリーク+RetroN 5)の実現に向けて、試行錯誤しております。
cheat04risou

完成はもうちょっと先の予定ですが、今回はメモなどと、RetroN5版ギアコンバーター一年半ぶりの続報を。


続きを読む

RetroN5のチートDBとレトロフリーク秘技コードファイルを1分で結合する方法(2017/1/2改訂)

以前、レトロフリークのコードフリーク機能をマークIIIのソフトでも実行する方法という記事で、レトロフリークの秘技コードファイルとRetroN5のファイルの差し替えについて書きましたが、今回は結合について。

トロフリーク用の秘技コードは、月に何回か更新されていますが、(レトロフリーク バージョンアップ履歴(本体関連&秘技コード)参照)、現時点のレトロフリークの秘技コードと、RetroN 5の最新版の対応タイトル数とコード数を比べてみるとこんな感じです。
cheatcode
(7/8時点。同一タイトルの別バージョン・国違いは1タイトルで集計)続きを読む

PCエンジン「エイリアンクラッシュ」のエンディングを見る秘技コード公開!

個人的にレトロフリークで動作する機種の中ではPCエンジンが思い入れが強いのですが、その中でも、何年かおきに遊びたくなるゲームの一つ、「エイリアンクラッシュ」。

エイリアンクラッシュ 【PCエンジン】
ナグザット (1988-09-14)
売り上げランキング: 22,977

このピンボールゲーム、スコアが999999900点になるとエンディングがあるとのことで、いずれは見たいと思ってから二十数年。

当時はあきらめたものの、レトロフリーク購入により、今回こそと思い、セーブを駆使しつつ、ちまちま進めていたのですが。

Alien Crush (J)-3

現在、4800万点。
エンディングまであと9億5000万点以上・・・。

全部のステージもさんざんやったし、さすがにきつい。

というわけで、他にもやりたいゲーム山積みなので、チートコード発動!
(発動ルール・・行き詰まる or 飽きるまで遊んだ場合。順次追加予定。)

続きを読む

「プルさんのパクパクワールド」秘技コード公開!/ギアコンバーターブラック!

そういえば、このブログ開設から一年経過してました。
JPGAMESでRetoroN5のときからいろいろやってたので、あまり節目という感じはないですけどね。

さて、前回の記事
サイバーガジェット公式「コードエディター」を使って、幻の「プルさんのパクパクワールドの秘技コード」を再現してみる。
の続きで、「プルさんのパクパクワールド」の秘技コードを作ってみました。

ギアコンバーターを持っている人は、とりあえず1本インストールすると、こんなメッセージが出て、ファミコンに追加されます。



余談ですが、ヤマダ電機、限定本体に続き、限定ギアコンバーターも出ました(11/17発売)。
同時発売だったらこっちを選んでたなあ・・。


Amazon限定で赤いやつは出ないのかな・・?

続きを読む

サイバーガジェット公式「コードエディター」を使って、幻の「プルさんのパクパクワールドの秘技コード」を再現してみる。

今回はサイバーガジェット公式のコードエディターを使って実際にコードを作成してみます。

レトロゲームなんて、こんな機能に頼らず、実機でゲームを楽しむのがあるべき姿ですけどね。
と、頭ではそう思っていても、持っているゲームを全てクリアしようと計算してみたら、仮に100歳まで生きると仮定してもかなり無理な数字が出てきたのでそうも言っていられません。
なので、レトロフリーク&コードフリーク機能に全面的に頼ることにしますわ。

幸いにも(?)任天堂の小さいファミコンでも途中セーブができる時代になりましたし。


さて、今回作成したいのは「プルさんのパクパクワールド」のこの3つのコード。

1

・LIFE 99
・常に巨大化
・無敵

店頭で配布されている、レトロフリークのパンフレットに記載はあるものの、公式で公開されている秘技コードには登録されていませんでした。
パンフレットについては過去記事(レトロフリークのパンフレットも配布中!)にて。

まず「プルさんのパクパクワールド」ですが、ギアコンバーターを使って入手します。


入手方法はプルさんのパクパクワールド出現条件を調べてみた)にて調べたとおり、ギアコンバーターを使って1本インストールです。

というわけで、

無いのなら 作ってしまえ 秘技コード

ですわ。

続きを読む

サイバーガジェット公式「コードエディター」公開!!/とりあえず実行準備まで

遅ればせながら、レトロフリーク発売から1周年おめでとうございます!見事に乗り遅れました。^^;

で、一周年記念に何か公式から動きがあるかなと思ったら、レトロフリーク総合サポート内、コードフリークのページで、コードエディターが公開され(てい)ました!

当ブログでは、過去に、自分で秘技コードを作ってみたり、RetroN5のチートコードと結合してみたり、いろいろやってきましたが、今回のエディター公開で、自作コードが公式に解禁されたということでしょうか。

続きを読む

秘技コード8/31バージョンの登録状況とかプルさんとか。


今回のレトロフリークのバージョンアップでは、ギアコンバーターの対応を含めいろいろな機能の更新がありました。そして、バージョンアップと同時に、新たにゲームギアなどに対応した秘技コードも公開されました。

実行してみるとこんな感じです。
1続きを読む

レトロフリークのコードフリーク機能をマークIIIのソフトでも実行する方法

ども、おばきいです。

レトロフリークの秘技コード、以前あっち(JPGAMES)にもちらっと書きましたが、もう少し詳しく書いておきます。くれぐれも自己責任でお願いします。

RetroN5とレトロフリークには多くの共通点や、ファイルの互換性があるのですが、その中でも特に差があるのが、RetroN5でいうチートコード、レトロフリークでいうコードフリーク機能の秘技コード数。
RetroN5の方が圧倒的に件数が多く、また、レトロフリークで提供されていないマスターシステム/MKIII用も提供されています。

レトロフリーク用の秘技コードファイルは頻繁に更新されていますが、更新内容が1件、2件ずつといった微修正のような感じで、いちいちアップデートするのも面倒です。
なので、今回は、RetroN5用のCheatDBを代わりに使って一気に対応ゲーム数を増やしてしまおう、ついでにレトロフリークでは現在対応していない、マークIIIにも対応させてしまおうという内容です。

まずは以下の各ページから、秘技コードとCheatDBのzipファイルをダウンロードして、それぞれ解凍します。
RetroN5用のCheatDB(RetronCheats-v1.2.zip)
レトロフリーク用の秘技コードファイル (retrofreak_code.zip)

それぞれのzipファイルを解凍すると、以下のようなファイル名になります。

機種

レトロフリーク用

RetroN5用

ファミコン

codes-fc.xmlcodes-nes.xml

ゲームボーイ

codes-gb.xmlcodes-gameboy.xml

ゲームボーイアドバンス

codes-gba.xml codes-gba.xml

メガドライブ

codes-md.xmlcodes-genesis.xml

PCエンジン

codes-pce.xml対応ファイルなし

スーパーファミコン

codes-sfc.xmlcodes-snes.xml

マスターシステム/マークIII

codes-mk3.xmlcodes-sms.xml

この表の様に、機種によって微妙にファイル名が違います。サイバーガジェットの(正直どうでもいい)こだわりですね。
で、RetroN5用のファイル名を、上の表の対応するレトロフリーク用の名前に変更します。

変更が終わったら、レトロフリーク用のSDカードのRetroFreak/cheatsフォルダに各XMLファイルを入れます。

あとは、レトロフリークから、秘技コードに対応するゲームを起動し、コードフリークメニューから、「コードフリーク機能を使ってゲームを始める」を選ぶと、秘技コードが使えるようになります。

コードフリーク機能は、ゲーム起動中に後から実行することもできます。

ちなみに、マスターシステム用の秘技コードは、レトロフリークの秘技コードには含まれていませんが、RetroN5用の名前を変更(codes-sms.xml→codes-mk3.xml)することで、そのまま使用できます。
レトロフリークで対応していないマスターシステム用だけ入れておくのも良いかもしれません。

こちらはMKIII版北斗の拳でコードフリーク機能を実行したところ。残機が9に。
Hokuto no Ken
設定項目としては、残機無制限、無敵、時間無制限が選べました。


こちらはマークIII版アフターバーナーのコードフリーク機能の設定画面。
codefreak-mk3
残機無制限に対応。
効果は実行したステージ内のみで、次のステージで再度実行する必要がありました。

まあ、チート(秘技、コードフリーク)なんて使ったら、ゲーム性を損なうのは当たり前。
滅多に使う事はないかと思いますが、ゲームによってうまく付き合っていくのが良いかと。

例えばステートセーブを使ってもクリアできないゲーム、RPGで4倍速でも経験値・ゴールド稼ぎが面倒なゲーム、やり込むほどの時間や価値が無いと思うけどエンディングを自力で見たいゲーム、昔どうしてもクリアできなかったゲームなどで使うと良いかもしれませんね。

まあ、稀に、RetroN5のファイルを使わないとレトロフリークでは先へ進めないゲームなどもありますが・・。

あと、今回は単純なファイルの差し替えですが、XMLファイルを編集することで、レトロフリークと、RetroN5の両方のファイルを共存させることもできたりします。
(この辺は正直書いてもつまらないので割愛してます。ネタが尽きるか、要望次第では書くかも・・。)
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋
注目商品(Amazon)


楽天市場
Amazonライブリンク
最新コメント