POLYMEGAの基礎知識(仮)

※期間限定ブログ名変更中。 永遠の(仮)。むしろPOLYMEGAの基礎知識(仮)。何があっても自己責任で。
※当ブログ・記事へのリンクは歓迎しますが引用元(URLや記事名等)の記載をお願いします。記事のスクリーンショットのみや文章のみの転載・盗用は固くお断りします。

retroblox

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

POLYMEGA FAQ更新!(E3 2018反映版)

POLYMEGAの公式FAQがしれっと更新されています。
1
---お知らせ-----------------------------
過去のPOLYMEGA関連記事はこちら。
POLYMEGAを知らない人はPOLYMEGA(ポリメガ)の基礎知識(仮)の記事を参照。
(広告:POLYMEGA特化機種の価格の安い順)
駿河屋リンク:メガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
Amazonリンク:メガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
----------------------------------------
主な更新内容は今年のE3前後で発表された内容などの反映となっています。
更新アナウンスは特になく、気づいたら変わっていますね。

ちなみに約1年前(2017年7月時点)のFAQの内容はこちら。
(過去記事)POLYMEGA FAQ大幅更新!

以下、各質問になります。自動翻訳中心なので、公式FAQをちゃんと読んでね。

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋 続きを読む

POLYMEGA:続・Virtual Display機能/ディスプレイ設定関連の機能

NintendoLifeの動画の検証、続きです。
---お知らせ-----------------------------
過去のPOLYMEGA関連記事はこちら。
POLYMEGAを知らない人はPOLYMEGA(ポリメガ)の基礎知識(仮)の記事を参照。
(広告:POLYMEGA特化機種の価格の安い順)
駿河屋リンク:メガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
Amazonリンク:メガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
----------------------------------------
E3のときの記事でVirtual Display機能を取り上げたのですが、このときは直撮りのため詳細は分かりませんでした。先日のNintendoLifeの動画で、その辺がより明らかになってきました。

Virtual Displayは3種類。
1
HDMI、RGBスキャンライン、コンポジットスキャンライン。
それぞれ以下のような表示になります。

HDMI。ドット間は周囲の色で補完されます。
1

RGBスキャンライン。横に1ドットおきに黒いラインが入ります。一般的にイメージするスキャンラインのような表示ですね。
2

コンポジットスキャンライン。縦に1ドットおきに黒いラインが入ります。RGBスキャンラインよりさらに暗い感じ。あまり見たことのないビデオフィルタです。
3

ローンチ時にはこれだけしか実装されていませんが、アップデートによる追加は以前に言及されています。
レトロフリーク/RetroN5にあるような、ドットを滑らかにするビデオフィルタは是非実装してほしいところです。

こちらはビデオ出力関連の設定画面。
1
HDMI解像度で昔のゲームを表示することによって起こるドットの補完、本来のドット表示ではない問題については、スクリーン解像度の設定画面でスクリーンの解像度、アスペクト比、表示エリア設定などの設定があるので問題なさそうですね。

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

(update2)POLYMEGA@E3⑦:新・機種別アイコン集

過去のPOLYMEGA関連記事はこちら。
E3で判明した、POLYMEGAのメニューに表示される機種別のアイコンを集めてみました。
(6/27更新:全画像差し替え)

Playstation、NES、NES(PAL)
1
SNES、SNES(PAL)、GENESIS
2
MEGA DRIVE(PAL)、NEOGEOCD、TurboGRAFX16
3
SEGACD(NEOGEOCDの左側に表示)
6
TURBOGRAFX-CD、PCエンジン、PCエンジンCD、SUPREGRAFX
4
5

以下広告。
(POLYMEGA特化機種の価格の安い順)
駿河屋リンク:メガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
Amazonリンク:メガCDネオジオCD32XPCエンジンCD

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

POLYMEGAはCDメディアのバックグラウンドインストールあり!/メニュー関連動画が公開

過去のPOLYMEGA関連記事はこちら。

Nintendo LifeにPOLYMEGAのインターフェース関連の記事が公開されています。
Hands On: Exploring The Future Of Retro Gaming With Polymega

注目すべきはそこに掲載されているインターフェース関連の動画。


POLYMEGAで行えることがかなり網羅されており、1記事で語り尽くせないほど充実した内容になっています。

動画では3000本近くインストールされた状態ですが、とにかくサクサク動いてる印象。
CDメディアのゲームをバックグラウンドインストール中に他のゲームを起動したりできる点も何気に嬉しい機能。
1
同じ条件でレトロフリークで1本インストールしたらウン十分操作できなくなるんだろうなぁ。

以下広告。
(POLYMEGA特化機種の価格の安い順)
駿河屋リンク:メガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
Amazonリンク:メガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

POLYMEGAのスペック一部判明

過去のPOLYMEGA関連記事はこちら。

E3開催時のBryanBernal氏のインタビュー音声がこちらのサイトで公開されています。
POLYMEGA E3 2018 Interview: Bryan Bernal - 418

まあ、聴いてもわかるものでもないので、音声認識で無理やり起こしてみて分かったこと。

・ドライブについて
> Optical drive is compatible with all those classic game systems and we're going to update that to include  more potentially Sega Saturn in the future Dreamcast in the future

コメント:将来的なサターンとドリームキャスト、やっぱり期待持てる?

・スペックについて
2
・CPUはRK3288(1.8Ghz)。
・(FPGAの)Spartan-6の採用はまだ最終的な決定ではない。
・内部ストレージは16GB emmc フラッシュメモリー。セーブステートやスクリーンショットの保存に利用。

コメント:CPUは当初発表されていたとおり。内部ストレージも発表されていたとおりだが、用途が判明。

その他、発売の予定やメモリカードなど、今まで他のサイトで触れられていた内容も多々ありました。
E3期間中のPOLYMGA関連インタビュー攻勢、各サイトの情報を総合すると相当な量の情報が出ていたんだなあと改めて実感。

以下広告。
(POLYMEGA特化機種の価格の安い順)
駿河屋リンク:メガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
Amazonリンク:メガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ゲーム福袋

・POLYMEGA対応機種(CD)
ネオジオCDPSPCエンジンCDROM2アーケードカード用

・POLYMEGA対応機種(ROM)
NESSNESスーパーファミコンメガドライブスーパー32XジェネシスPCエンジンHuカードPCエンジンスーパーグラフィックス
注目商品(Amazon)
















楽天市場
Amazonライブリンク
最新コメント