レトロフリークの基礎知識(仮)

永遠の(仮)。むしろPOLYMEGAの基礎知識(仮)。何があっても自己責任で。
※当ブログ・記事へのリンクは歓迎しますが、引用元標記のない文章のみの転載・盗用は固くお断りします。

POLYMEGA

POLYMEGA:まだ隠し球あり?

ちょっと前(2/18)ですがフォーラムにてPOLYMEGAのプロジェクトの生存を確認。
前回発表の情報公開スケジュールを受けてのQ&Aです。
(関連記事)POLYMEGA:新情報に関する情報が公開される!

Q.それはすばらしいニュースですが、私はまだ小規模なニュースであっても、定期的な更新はまだ一般の人に知らせておくことをお勧めします。私は正直にこのプロジェクトを忘れていましたが、それは死んでいました。とにかく、今後このプロジェクトについていくつかの進展があることを楽しみにしています。ありがとうございました。

A.Polymegaはまだ開発中であるため、毎週または毎月実施される新機能をすべて共有する予定はありません。そうした場合、システムの立ち上げ時に驚いたり興奮したりすることは少なくなります。また、これまでに発表されたデザインやアイデアは、他の海外の機会主義者たちに、私たちが思いついたアイデアを思いついた上で、同じ品質を考えずにすばやく安く市場に投入するよう促しました。

今のところ、Polymegaは、実際にプレスイベント以外では表示されない開発中のAAAゲームのように見てください。最終的に表示されるとき、それはあなたが望むすべてのものであり、本当に、本当に素晴らしいものです。


コメント:まだ発表されていない隠し球がありそうな雰囲気。まだ驚くような機能があるのかな?
これまでに公開された情報で、アイデアが盗まれたとの情報があったけど、どれなのか気になるところ。ちょっと前にクラウドファンディングに失敗したCD対応をうたったSeediとかなんかは特にそうかな。互換性が高いと噂のAlalogue社のSuper NTはしっかりしてそうな気がするけど、POLYMEGAのハイブリッドエミュレーションに技術的には近いように思えるけどどうだろう。
うろ覚えだけど、確かハイブリッドエミュレーションは特許出願中だったと思うけど、その後どうなったのか。特許面とかが解決されると情報公開もしやすくなりそう。

POLYMEGA=プレスイベントで公開されるAAAゲーム並みの情報公開ということで、次の情報公開が待たれるところ。情報公開予定の「early2018」がQ1を指すのかQ2を指すのかで変わってくるけど、本命はやっぱり6月のE3かな?

以下広告。
(POLYMEGA特化機種の価格の安い順)
駿河屋リンク:メガCDネオジオCD32XPCエンジンCD
Amazonリンク:メガCDネオジオCD32XPCエンジンCD

POLYMEGAの基礎知識(仮) (2018年2月号)

※当方でのPOLYMEGAプロジェクト生存確認ができた最新の時点は2018/2/18です。

(最終更新2018/2/3)

今年はレトロゲーム互換機「POLYMEGA」発売の年ということで、今までに判明している全てのPOLYMEGA関連情報について整理してみました。新情報が入り次第更新していく予定です。

レトロゲーム互換機POLYMEGA(ポリメガ)についてのまとめです。
あくまで現時点での予定であり、今後変更される場合があります。

1.POLYMEGAとは?
●概要
Playmaji社が発表した、レトロフリークやRetroN5等と同様のレトロゲーム互換機です。
従来の製品にはなかった、CDメディアのゲームに対応しています。
当ブログでよく取り上げていますが、レトロフリーク、またはその後継機ではありません
当初はRETROBLOX(レトロブロックス)という名前で発表されましたが、POLYMEGAという名前に変更されました。

●特徴・機能
CDゲームに対応。エレメントモジュールを接続することで、各種ROMカートリッジ、コントローラー、周辺機器にも対応。
動画撮影やスクリーンショットに対応。
・オリジナルのCD-ROMまたはROMカートリッジがあればゲームインストール可能。
・互換機にありがちなスロットの脆さはない
・ハイブリッドエミュレーションという独自機能で互換性が高い。
・エミュレーション機能については他のエミュレーターのコードの流用ではない

2.対応機種
リンク先はWebページ(JPGAMES)の機種別ゲームタイトル一覧内のページになります。
<CD関連>
  ・Playstation(日本、日本国外)
  ・ネオジオCD
  ・メガCD(日本、ヨーロッパ)
  ・Sega CD
  ・32X CD
  ・PCエンジンCD-ROM2
  ・PCエンジンSUPER CD-ROM2
  ・PCエンジンARCADE CD-ROM2
  ・TurboGrafx-CD
※複数枚組みのゲームにも対応。CD関連の対応ゲームはアップデートにより追加される予定。発表当時、1~2機種追加予定とのことで、そのうち1機種はNEOGEO CDになりました。

<ROM関連>
エレメントモジュールによって、各ROMカートリッジに対応します。
 ・MODULE EM01:NES
   NES(海外版ファミリーコンピュータ)
 ・MODULE EM02:SFC SNES
   スーパーファミコン
   SNES
   ゲームボーイ(要スーパーゲームボーイ)
   ゲームボーイ/カラー共通(要スーパーゲームボーイ)
   ※ゲームボーイカラー専用ソフトは対象外
 ・MODULE EM03:MD GEN 32X
   スーパー32X
   メガドライブ
   Genesis
   マスターシステム(要 Power Base Converter)
   ※セガ マークIIIマイカード マークIIIについては不明。メガアダプタで対応可能?
   ※SG-1000用カートリッジSG-1000用マイカードについては不明。カードキャッチャで対応可能?
 ・MODULE EM04:PCE SGX TG16
   PCエンジンHuカード
   スーパーグラフィックス
   TurboGrafx-16
以下は本体発売後の予定。
・FCモジュール
  ファミリーコンピュータ
・Atariモジュール
  対応機種は未定。Atari2600?、7800?(retrobloxの頃に対応予定の話があった)

続きを読む

POLYMEGA:新情報に関する情報が公開される!


POLYMEGAのフォーラムの方で今後公開予定のテーマについて、POLYMEGA公式からコメントが出ています。
http://polymega.com/forums/topic/we-need-an-update-on-the-project/

これによると、2018年前半(early 2018)に以下の情報が公開されるとのこと。
・ハイブリッドエミュレーション
  デモ、特許、技術情報
・ユーザーインターフェース
  カスタムプレイリスト、ゲーム詳細画面、in-gameメニュー、メディアキャプチャ&管理
・ハードウェア
  ベースユニットアップデート、モジュールアップデート、新クラシックコントローラー、製品パッケージ
これらに続き、
・プレオーダーに関する情報

となる模様です。

ちなみに、スケジュールに関して、今まで当方で把握できていた内容は、こんな感じでした。
・チートやパッチなどのインターフェース情報公開(プレオーダーキャンペーンの前)
・ハイブリッドエミュレーションの情報(プレオーダーキャンペーンの前)
・プレオーダーキャンペーンのアナウンス(開始30日以上前)
・プレオーダーキャンペーンの実施と発売地域の発表(2018年)
・発送(2018年夏)

今回の発表で、各テーマ内の項目と、ハードウェア関連のテーマが新たに追加されました。
時期に関しては2018年(時期未定)の状態から、2018年前半に行われることになりました。
ハードウェア関連が、以前発表されたものからどう変わるのか。また、インターフェース情報Part1で不明だった、メニュー関連もどうなる(どうなった)のか。
1
(公式サイトの)沈黙の数カ月の成果を早く知りたい!

昨年のE3ではNEOGEO CD対応の発表がありましたが、今年も6月のE3で何かあるかな。
あと日本が発送対象となるかどうか判明するのはまだまだ先になりそうですね・・。

(過去記事POLYMEGAの基礎知識(仮)は後日更新予定)

----------------------------------------------------------------
以下、POLYMEGA対応機種別の駿河屋さんへの広告リンクです。
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋
・CD関連
ネオジオCDPSPCエンジンCDROM2アーケードカード用

・ROM関連
NESSNESスーパーファミコンメガドライブスーパー32XジェネシスPCエンジンHuカードPCエンジンスーパーグラフィックス

1/18 POLYMEGAプロジェクト生存確認/レトロフリークソースコード盗用問題/CES2018

今年に入ってからも沈黙を通しているPOLYMEGAプロジェクトですが、ようやく今年初のPOLYMEGA公式からのコメントがありました。(twitterにて)

Q:(POLYMEGAプロジェクトは)まだ存在する?

A:私たちは静かなままの理由がありますが、このプロジェクトはまだ間違いなく全力を尽くしています。辛抱強く待て。

コメント:このブログ共々生存確認&報告。

別件。
その昔、RetroN5で話題になったエミュレーターのソースコードの不正使用。商用で使ってはいけないコードが含まれていたという問題があったのですが、レトロフリークにも同様の問題が発生している模様で。
この問題ってクリアしてないまま発売してたのかと。
懸念はしていたけど、てっきり解決しているものだと思ってたよ・・・。

スーパーファミコンエミュレーター(SNES9X)の作者の1人が経緯などを公開しています。
https://www.libretro.com/index.php/category/cybergadget/
この件に関しては、サイバーガジェット公式からのコメント等はありませんね・・。

まあそれは置いといて、個人的には盗用などの訴えとかよりも、2015年のレトロフリーク発表当初から気になっていた、何故RetroN5とRetrofreakが偶然にしてはありえないレベルで似ているのかということについてちょっと明らかになったことの方が興味深い。
1
レトロフリークの発表当時(2015年の3月頃)に作ったレトロフリークとRetroN5の比較画像。
このように、機能もさることながら、製品発売後にそれぞれ公開されたソースのフォルダ構成まで同じ。
でも「サイバーガジェットオリジナル製品」というのにすごく違和感を感じていたのだが。
今回のソースコードの問題に関する記事によると、RetroN5もレトロフリークもどちらも供給元が同じらしいということが判明。

そりゃあサイバーガジェットはオリジナル製品と言うだろうなと、ちょっと納得。
ついてにレトロフリークの中国語対応自体も違和感があったのだが、これも納得したり・・・。


また別件。
CES2018。個人的に興味を持ったニュースは、バンナムのMY ARCADEシリーズ(何種類あるのか?)、HyperkinのUltra Game Boyなど。一番の注目はRetro-Bit。セガとのコラボコントローラー、R-Type Returnsとか精力的に発表がなされたようで。今後の展開にも注目していきたいところ。


ジェネレーション3 Retro-bit GENERATIONSⅢ
JNNEX
売り上げランキング: 6,403





POLYMEGA:プレオーダーキャンペーンは2018年に延期!/Patience?

最近のPOLYMEGA関連情報。
当初予定されていた2017年秋は過ぎ、そろそろ2018年になろうとしています。

で、どうなったのか?
少し前にForumで公式からの発言がありました。

Q.誰かプレオーダーの開始日を知っていますか?

A.秋に向かって作業していたが、来年にずれこんだ。


コメント:分かってたとはいえ、プレオーダーの開始が正式に来年になることが発言されました。

そして、上記回答に続き、以下のように続けています。(機械翻訳のまま)

覚えておくべき重要なこと。
1.PolymegaはLinux以外のものにはオープンソースを使用していません。これは、私たちが独自のプラットフォームとテクノロジーを構築するために真剣な時間を投資していることを意味します。これの現実は、プレイヤーがオープンソースベースのレトロゲームの本当の選択肢を持っているということです。これは基本的に現在存在しません。それは、オープンソースが悪い、あるいは間違っていると言っているわけではありません。現在のところ、レトロゲーム業界の全体的な健全性と今後の動きを考える上で重要なポイントはほとんどありません。

2.私たちは古典的なゲームのための重要な新技術を開発しています。市場への道のりがやや遅いにもかかわらず、正しい方法で進めています。ハイブリッドエミュレーションはマーケティングの話題ではありません。我々はこれに何年も費やしてきたし、ハイブリッドを繰り返して、Polymegaの発売のために可能な限り良くするために改良してきた。


3.最後の2つのポイントをカプセル化して、私たちは非常に透明性が必要な群衆企業ではなく、さらに私たちのアイデアがオープンソースコードでパッケージ化されていることをすでに見てきました。私たちは、他の人たちからのこの種の行動を制限するために、プレオーダーの立ち上げからちょうど回っていない限り、他に何かを見せたくありません。


4.我々は構築しているものに極度の自信を持っているので、公開前にお金をあげたり、事前注文をしたりしても、発表される他の新しいコンソールやプロジェクトとの競争は心配しません。
コメント:オープンソースは使ってない、ハイブリッドエミュレーションは画期的、ぱくり防止のためいろいろ秘密、Playmaji社の求人案内にあった、Competitors:Unknown(競合他社:なし)ってやつですな。

また、定期的にあちこちで繰り返される同じ質問。
Q.POLYMEGAは死んだのか?→A.死んでない。待っとれ。
Q.POLYMEGAプロジェクト終了?→A.終わってない。頑張っとるわ。
のやりとりは定期的にいろんな場所で繰り広げられています。
記事にするのもつまらないので取り上げていませんが、
最近新しいパターンが出てきました。

Q.POLYMEGAは死んだのか?
A.



コメント:
一瞬、何でGuns N' Roses の曲?となりましたが、曲のタイトルが「Patience」。
・・まあ、「辛抱」ですよ。


非売品ゲームソフトガイドブック
じろのすけ
三才ブックス (2018-01-27)
売り上げランキング: 1,840


記事の内容とは関係ないけど予約したぜい。
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ゲーム福袋

・POLYMEGA対応機種(CD)
ネオジオCDPSPCエンジンCDROM2アーケードカード用

・POLYMEGA対応機種(ROM)
NESSNESスーパーファミコンメガドライブスーパー32XジェネシスPCエンジンHuカードPCエンジンスーパーグラフィックス
注目商品(Amazon)



















楽天市場
Amazonライブリンク
最新コメント