レトロフリークの基礎知識(仮)

永遠の(仮)。むしろPOLYMEGAの基礎知識(仮)。何があっても自己責任で。
※当ブログ・記事へのリンクは歓迎しますが、引用元標記のない文章のみの転載・盗用は固くお断りします。

retrofreak

レトロフリーク用GEAR CONVERTER for SMS 発売!/レトロフリーク関連製品の型番一覧

昨日の話題ですが、サイバーガジェットより、レトロフリーク用GEAR CONVERTER for SMS (CY-RF-1)が発表&発売されました。
1
珍しく、予告なしでの発売ですね。互換機種は以下のとおり。
<レトロフリーク用GEAR CONVERTER for SMS(CF-RY-12)>
・ゲームギア(カートリッジ)、海外版MASTER SYSTEM(カートリッジ/Sega Card)、

、セガ・マークIII(マイカード・マークIII)、SG−1000(マイカード)

ちなみに過去に発売されたギアコンバーター(名前が紛らわしい!)の対応機種は、
<レトロフリーク用ギアコンバーター(CF-RY-5)>
ゲームギア(カートリッジ)、セガ・マークIII(カートリッジ/マイカード・マークIII)、SG−1000(カートリッジ/マイカード/オセロマルチビジョン用カートリッジ
となっています。赤文字が違うところ。海外版のソフトを持っている人向けですね。

ちなみに今回の型番はCY-RF-12ですが、ちょっと気になったので、過去に発売・発表されたレトロフリーク関連の型番を調べてみました。(*部分は色違いモデル用の枝番。リンク先はAmazon。)
<パーツ類>
CY-RF-1 レトロフリーク本体
CY-RF-2 11機種対応カートリッジアダプター (今冬)
CY-RF-3* レトロフリーク標準コントローラー
  CY-RF-3* レトロフリーク標準コントローラー グレー(今冬)
CY-RF-4* レトロフリーク用コントローラーアダプター 
  CY-RF-4R レトロフリーク用 コントローラーアダプター グレー(今冬)
CY-RF-5* レトロフリーク用ギアコンバーター
CY-RF-6 レトロフリーク用NESカートリッジコンバーター
CY-RF-7 レトロフリーク用ACアダプター
CY-RF-8 レトロフリーク用アーケードスティック (今冬)
CY-RF-9  カートリッジアダプター(SFC用) (2018年春)
CY-RF-10 コントローラーアダプター5ポート(SFC用) (2018年春)
CY-RF-11 コントローラーアダプター5ポート(PCE用) (2018年春)
CY-RF-12 レトロフリーク用GEAR CONVERTER for SMS(2017/12/7発売)
 
<本体・セット等>
CY-RF-A* レトロフリーク 
  CY-RF-ACC レトロフリーク
  CY-RF-AC レトロフリーク(海外モデル)NESカートリッジコンバーター同梱
CY-RF-B* レトロフリーク(コントローラーアダプターセット) 
  CY-RF-BCC レトロフリーク(コントローラーアダプターセット)
  CY-RF-BC レトロフリーク(Controller adapter set)(海外モデル)NESカートリッジコンバーター同梱
CY-RF-C レトロフリーク(ギアコンバーターセット)
CY-RF-D レトロフリーク ベーシック(SFC用)スタンダードセット (2018年春)
CY-RF-E レトロフリーク ベーシック(SFC用)エコノミーセット(2018年春)
 
<Amazonモデル CY-RF-AMZ* >
 CY-RF-AMZAM レトロフリーク
 CY-RF-AMZA3 レトロフリーク 
 CY-RF-AMZB2 レトロフリーク (コントローラーアダプターセット)
 CY-RF-AMZBM レトロフリーク (コントローラーアダプターセット)
 CY-RF-AMZD レトロフリーク ベーシック(SFC用)スタンダードセット (コントローラー・HDMIケーブル付き)
 CY-RF-AMZE レトロフリーク ベーシック(SFC用)エコノミーセット (コントローラー・HDMIケーブルなし)

<ヤマダ電機モデル CY-RF-*BK>
CY-RF-BBK レトロフリーク (コントローラーアダプターセット)ブラック
CY-RF-CBK レトロフリーク(ギアコンバーターセット)ブラック

まだ発売されていない型番が多いですね。
そして、本体型番はどれだけあるのだろうか・・・。他にもありそう。


POLYMEGA:Atari2600モジュールはどうなったのか?

お久しぶりです。最近はレトロフリーク対応ゲームを離れてSS→PS1~PS4、PCゲームなどを中心に遊んでおりました。

POLYMEGAについても情報収集は続けており、新情報があったら更新しようかと思っていましたが、
プロジェクト自体は継続中との情報のみがたまにある程度で、その他は特に新情報はありませんでした。

で、久しぶりの新情報。
当初、retroblox時代にアナウンスのあったものの、POLYMEGAに変わってから消えていたAtari2600モジュールについて。
Retroblox_Blox_8_grey[1]

Q:Atari 2600 のモジュールは死んだのか?

A:死んでいない。しかし、われわれは、スーパーファミコン、ファミコン、GEN/MD、TG16/PCエンジンモジュールに力を入れている。Atariと ファミリーコンピュータモジュールは発売後となる。


というわけで、Atari2600モジュールはキャンセルになったわけではない模様。
回答にはAtariとしかなく、2600とは言っていないのが気になるところ。さらに増えたりして。
(レトロブロックス時代にAtari7800も対応するような話がありましたが)

さて、プレオーダーが予定されていた秋は過ぎてしまった感がありますがどうなるのか・・。
プレオーダーキャンペーンについては、以前、「開始30日以上前に情報開示される」ということで、開始は来年以降というのは確定ですね。


さて、他のレトロ互換機系の最近の動向としては、
・Ataribox・・・コントローラー画像公開。クラウドファンディングの情報はなし。
・Hyperkin・・SNES専用機Supa RetroN HDを2018年1月8日に発売。HDMIとRCAでの出力が可能。
・サイバーガジェット・・・スーパーファミコンに特化したレトロフリークベーシック(別売りパーツで拡張可能)。発売日はまだ決まっていないみたい。Amazonでは3月31日となっているが。



POLYMEGAがAtari2600にいずれ対応するなら、Atariboxについては今後ブログで取り上げなくてもいいかなと。日本の各サイトでも取り上げるところは多いだろうしね。この辺は今後の発表内容次第かな。

Hyperkinもサイバーガジェットも同じような時期に同じようなマシン出しますね。
驚きが欲しいところです・・・。

レトロフリーク バージョンアップ履歴(本体関連&秘技コード)

※この記事は、レトロフリークの各種アプリケーション、コード類のバージョンアップ時に更新しています。

※2017/03/23以降、全て更新はありません。あまりにも更新がないのでいったんトップに表示します。

2017/03/23 本体バージョン2.5更新。
2017/03/23 取扱説明書更新。
2017/02/24 秘技コード更新。
2016/10/31 コードエディター新規公開。


2017/03/23(v2.5)時点のバージョンは以下の通り。
1


詳細は続きから。


続きを読む

(update2)レトロフリーク:ディスクシステムの吸い出しに必要な機材と注意点まとめ

レトロフリークでディスクシステムを遊ぶために必要なものや注意点についてのまとめてみました。
(10/2、10/8追記あり)

1.FDSStick

PCに接続し、ケーブルでディスクドライブを接続することでディスクカードを吸い出すことができる。
また、ファミコン本体にRAMアダプタとこれを接続することで実機でも使える。
海外から購入する場合はToToTEKから。


2.接続ケーブル、RAMアダプタ

ディスクドライブとPCを接続するのに必要な接続ケーブル。

RAMアダプタ2個からでも作成可能。

Nintendo ファミコン ディスクシステム RAMアダプタ
任天堂
売り上げランキング: 43,976
RAMアダプタからのケーブルの作成は、11本の配線中8本(水色)を結線する。残りの3本()は結線しない。

ケーブルを切った後でも、RAMアダプタ部分はレトロフリークでのBIOS吸い出しに使用できる。
BIOSについてはこちらの記事で。

----------10/2追記-----------------------
twitterの方で、さらに良い方法を教えていただきました。
B12B-PH-K-Sというコネクタを使って、写真右のように加工すると、ケーブルを切らずに作成できるそうです。
23
1

情報ありがとうございました。
ケーブルを切るのって、ちょっと心が痛むんですよね・・。
もっと早く知っておきたかった!

----------10/2追記ここまで-----------------------


ちなみに、スーパーファミコン、ゲームキューブ等のケーブルからでも作成できるらしいが、実際は内部の配線数が少ないものが多いため、そういうケーブルを探すのは敷居が高そう。
(手持ちの数本を確認したが使えるやつは1本もなかった)


3.ディスクドライブ本体
ファミリーコンピュータ ディスクシステム
任天堂 (1986-02-21)
売り上げランキング: 12,820

基板とドライブのバージョンによりうまく読めなかったりするので、古い型のものが必要。
表面の赤い部分ががつるつるの旧型なら(確実ではないが)おそらくOK。
表面がざらざらなら、分解しないと分からない。

当方では、以下の組み合わせで吸い出し難易度が高いとされるメトロイドも読み込めた。
また、全体では90%以上、エラーもなく吸い出しできた。
・メイン基板が02(ドーターボードなし)か03のもの
・ドライブに付いているICがFD7201のもの。
ちなみにドライブ側がFD3206の場合は、読めるものもあったが、プロテクトの影響か、読めないものも多かった。

----------------------
10/8 更新分

基板・ドライブの番号とプロテクトの関係について

<基板上の番号>

基板番号02で緑色の小さいドーターボード(追加の基板)があるものについてはプロテクトあり
03でドーターボードが付いているものがあるかどうかは不明。

01(プロテクトなし)
02ドーターボードなし(プロテクトなし)
02ドーターボードあり(プロテクトあり)
03(プロテクトなし)
04(プロテクトあり)
05(プロテクトあり)

<ドライブのIC番号>

ドライブのIC番号はちょっと見にくいですが、ドライブのヘッドの隙間から確認できます。
FD7201(プロテクトなし)
FD3206(プロテクトあり)

----------------------

4.ディスクドライブ用のアダプタ


ディスクドライブ用は定格出力がDC9V400mAのもの。

ACアダプタ
ACアダプタ
posted with amazlet at 17.10.01
任天堂 (1995-01-01)
売り上げランキング: 2,351

だが、ファミコン、スーパーファミコン本体用のアダプタ(DC10V/850mA)でも動いた


5.ディスクドライブ修理用ベルト(モビロンバンド)

ディスクドライブは、修理済みのものでもない限り、ほぼ100%ドライブベルトが溶けている。
折径90mm、カット巾3mm、厚み0.3mmのモビロンバンドをドライブベルトの代替品として使用する。
動かないディスクドライブは、ベルト交換で直る可能性はかなり高い。

経験上の注意点として、
・モビロンバンドをよく伸ばしてから取り付けた方が安定動作しやすい。
・バンド交換後はディスクドライブのヘッド位置の調整は必ず行うこと。読み込み精度がかなり変わってくる。
・初期のディスクドライブの一部では、構造上の違いにより、取り付けてもすぐ外れてしまう個体も存在する。(要プーリーの高さ調整)
・数年でモビロンバンドが劣化して、再度交換が必要となる。

具体的な修理方法については、偉大なる先人たちの解説ページを参考に。
ディスクシステム 修理(google検索)


6.FDSStick用のツール(ツール名もFDSStick)

Windows用ツールのダウンロードなどはToToTEKで。
FDSStickの購入、ケーブル作成方法などもこちらにあります。
ツールの使用時、特に読み取り時にはエラーが頻発しました。
需要があれば別記事で。

・・・以上、正直実機でやれば十分な気もするけど、読み込み速度の快適さは何物にも代えがたいです。

ディスク読み込みの多さから、実機では二度とやりたくないレリクス暗黒要塞も吸い出しできたし、クリアする準備は整ったぜ・・。

ファミコンディスクシステム レリクス 暗黒要塞
イマジニア
売り上げランキング: 44,897
実際にクリアするかどうかはやる気次第・・。

サイバーガジェット公認「レトロフリーク内蔵テーブル筐体」発売開始!

株式会社いっとく(PCCADE、パソケード)より、「レトロフリーク内蔵テーブル筐体」が発売開始されたそうです。
何とサイバーガジェット公認。

デザインはこんな感じ。レトロゲーム専用機だけにテーブル型筐体のセンス。いいですね。
1
20インチスクエアモニター、外部USB端子搭載。
飾りでも、お金の投入口が欲しかったり。^^;

価格はオープン記念の119,800円。販売は9台のみで、東京八王子での引渡しのみということで、入手の敷居はかなり高そうです。まあ、値段や入手難易度もさることながら、置き場所の方が問題ですけどね。

動画も公開されています。

プレイ動画。

ボタン一発での電源ONはいいなぁ。
起動時間だけはどうにもならないですよねぇ・・。サイバーガジェットさんの改善は今後あるのか?
リアルタイムセーブとか各種ショートカットキーを使いこなすのは少し大変そう。

こちらの動画は、筐体上にあるUSBコネクタにカートリッジアダプターをつなげてインストールしたところ。



こちらは内部の様子。
レトロフリーク本体、HDMIサウンド分離器、スピーカー、USBハブ、熱対策ファンなど。
1

うーん、自作したい。^^;

1
自作の無線ジョイスティックに小さいディスプレイと本体を埋め込めば何とか行けるかな。
あと、microSDカードスロットも延長して、外側から取り出しできるようにしたり。
そうすればレトロフリークポータブル(ただしでかい)の完成だ・・。

なお、「レトロフリーク内蔵筐体」は、9/6~9/8にビックサイトで行われる東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017のサイバーガジェットブース(東2-T18-15)で展示されるそうです。


さて、情報の早いサイトはどこか、タイトルの付け方など、何となく気になったので、今回の「レトロフリーク内蔵テーブル筐体」の記事を集めてみました。記事の掲載時刻の早い順です。

<発売元>
・プレスリリース(PCCADE) (12:54)
レトロフリーク内蔵テーブル筐体を発売開始

・製品ページ
レトロフリーク内蔵テーブル筐体


<各サイトの記事>

・GAMER(13:13)
レトロゲーム互換機「レトロフリーク」を内蔵したテーブル筺体が販売開始! 

・GAME Watch(14:33)
往年のゲーセン気分でレトロゲームが楽しめる「レトロフリーク」内蔵のテーブル筐体が登場

・電撃ホビーWeb(16:00)
家がゲームセンターに!?ファミコンやメガドライブなど11機種のカートリッジに対応したテーブル筐体が登場!

・iNside(16:45)
「レトロフリーク」を内蔵した、”あの頃”感がハンパないテーブル筐体が販売開始!9台限定で、再生産は未定

・価格.com(17:20)
レトロゲーム互換機「レトロフリーク」内蔵のテーブル筐体が9台限定発売

・ねとらぼ(20:11)
昔の喫茶店みたい! 11機種のレトロゲームに対応する「レトロフリーク」内蔵のテーブル筐体が登場

・Game*Spark(20:12)
「レトロフリーク」を内蔵した、”あの頃”感がハンパないテーブル筐体が販売開始!9台限定で、再生産は未定

久しぶりにネット上でレトロフリークの話題を見掛けたなぁ・・・。
レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ゲーム福袋

・POLYMEGA対応機種(CD)
ネオジオCDPSPCエンジンCDROM2アーケードカード用

・POLYMEGA対応機種(ROM)
NESSNESスーパーファミコンメガドライブスーパー32XジェネシスPCエンジンHuカードPCエンジンスーパーグラフィックス
注目商品(Amazon)



















楽天市場
Amazonライブリンク
最新コメント